FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日はホワイトデー
  2月のバレンタインデーのお返しをする日。
  バレンタインデーは「歳時記」に載っていますが
  「ホワイトデー」はまだ載っていません。
  そういえば
  「男はつらいよ」の寅さんは
  バレンタインデーにチョコレートを
  もらったことがあったのでしょうか。
  寅さんのことだから
  もしもらっていたら
  ホワイトデーのお返しもさぞ大げさなものに
  なったでしょうね。
  とらやの草団子っていうわけにはいかないかな。
  今日は
  川本三郎さんが監修をされている
  『知識ゼロからの寅さん入門』。
  この本で
  「男はつらいよ」を復習するのも
  いいですよ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  わかりやすいのが一番だよ                   

 2019年も押し詰まった12月27日、「男はつらいよ」50作めとなる「お帰り寅さん」が封切られた。
 主演の渥美清さんが1996年に亡くなってから20年以上経つ。
 寅さんを演じる俳優がいないのだから、どんな作品に仕上がっているのか、楽しみでもあり不安でもあった。
 「男はつらいよ」というタイトルではあるが、寅さんの甥っ子満男(寅さんの妹さくらの息子)の恋物語で、作品としてはよく出来ていたと思った。
 そして、何よりもこの映画をきっかけにして、「男はつらいよ」関連本が多く出版されたのがうれしい。
 この本のそんな中の一冊で、映画評論家の川本三郎氏が監修をしている。
 書いたのは岡村直樹氏、藤井勝彦氏の二人。
 「知識ゼロからの」「入門」とタイトルにあるぐらいだから、過去封切られた作品の細部までよく眼が行き届いているように感じた。

 「男はつらいよ」の第1作が上映されたのが1969年だから実に半世紀前。
 渥美清さんが最後に演じた第48作「寅次郎紅の花」の上映が1995年だから、これにしても20年以上前のこと。
 日本映画の金字塔ともいわれる作品であっても知らない世代が増えているのは間違いない。
 そういう人たちにとって、「男はつらいよ」がどんな映画であったか、車寅次郎が何故多くの日本人に愛されたか、まさにそういうところから、文章だけで語るのではなく、豊富な図版も駆使しながら、わかりやすく解説している。

 思えば「わかりやすい」というのが、映画「男はつらいよ」の一番の魅力だったかもしれない。
  
(2020/03/14 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス