FC2ブログ
 先日の3月14日の土曜、
 東京で
 観測史上最も早い
 桜の開花宣言がありました。
 畑の横を流れる鴻沼川沿いの桜は
 ようやく蕾が膨らみかけた程度ですが
 一輪だけ
 桜の花を見つけました。

  20200315_101400_convert_20200315150959.jpg
  
 一輪だけでも
 うれしくなる春の便りです。

 東京で開花宣言が出た同じ日
 都心でも雪が降りました。
 「春の雪」は季語にもなっていて
 傍題に「淡雪」とか「牡丹雪」とかも
 あります。

    にわとりの卵あたたか春の雪        小西 昭夫

 この「春の雪」には
 「桜隠し」という奇麗な傍題もあって
 桜が咲く時期に降る雪をそう呼ぶそうです。
 土曜の雪は
 少し早めの「桜隠し」だったのでしょう。
 こちらは今満開の
 ハナモモ

  20200313_120620_convert_20200315150928.jpg

 濃いピンクの花が
 とてもきれい。

 畑にも春の気配はさまざまあって、
 まずはソラマメの花が
 咲きました。

  20200313_105007_convert_20200315150703.jpg

 エンドウとかの白い花とは
 少し違った形をしています。

 これはいくつか白い花をつけた
 スナップエンドウ(左)と
 キヌサヤ(右)です。

  20200315_111950_convert_20200315151052.jpg

 まわりを囲っているのは
 アブラムシよけの銀色テープです。

 こちらは
 うれしくない春の気配。

  20200313_112642_convert_20200315150805.jpg

 タマネギのそばに
 いくつかのアリの穴が出来ています。
 いよいよアリも活発に動き出す
 そんな季節になります。

 3月13日(金曜)には
 ジャガイモを植えた隣の区画に
 ミニレタスカラシナラディッシュといった
 葉物野菜の種を蒔きました。

  20200313_114419_convert_20200315150846.jpg

 写真の右半分、
 水をあげて色がちがっているところです。

 この週末には
 鴻沼川沿いの桜も
 咲きだしているかもしれません。
 校庭の桜が咲いても
 子どもたちがいないのは
 寂しいですが。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ