FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は彼岸の入り
  となれば、
  いつも頭に浮かぶのがこの俳句。

     毎年よ彼岸の入に寒いのは      正岡 子規

  母親がそうつぶやくのを
  詠んだというこの正岡子規の俳句こそ
  俳句という文芸が広く
  愛されている理由だと思います。
  すっと詠める、
  それでいて心に残る。
  こんな文芸は類まれです。
  そこで今日は俳句の本、
  長嶋有さんの
  『俳句は入門できる』を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  俳句の世界は一つではない                   

 この本の著者長嶋有さんは2002年に『猛スピードで母は』で第126回芥川賞を受賞した、れっきとした小説家だ。
 その一方で、ブルボン小林という名前で漫画評論も手がける、マルチな才能をもった人でもある。
 さらには俳人という肩書も持つ。
 何をもってすれば「俳人」と名乗れるのか、少なくとも長嶋さんの場合句集も出しているし、俳句同人も立ち上げているから、その肩書は詐称ではあるまい。
 しかも、2019年の「NHK俳句」の第2週めの選者を務めたぐらいだから、俳句評論あるいは俳句エッセイともとれるこの本を執筆してもおかしくはない。

 当初長嶋さんの「NHK俳句」はとても楽しみだった。
 というのも、従来の俳句の型にはまったような世界観からはみ出している発言、そしてこの本でもそうなのだが、は面白い鑑賞法だったし、詠み方だと感じたからだ。
 それは今も変わらないし、おそらく長嶋さんのような俳句の接し方は有りだと思う。
 けれど、長嶋さんの回で司会を務めていた岸本葉子さんが最後まで何か違和感を感じるような困惑した表情を消せなかったように、その他の選者である宇多喜代子さんや井上弘美さんの鑑賞の仕方の方が落ち着いてしまうのはどうしてだろう。

 俳句は季語や定型やさまざまな制約を持つ文芸である。
 その制約を破ろうとする人たちが出てくるのは仕方がないし、それでいいと思う。
 しかし、制約があるからこそ俳句を面白いともいえる。
 長嶋さんの俳句はちょっと線を越えたところにある。
 それをどう味わうか、人それぞれだろう。
  
(2020/03/17 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス