FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  社会が新型コロナウイルス一辺倒になって
  最近まで就職戦線は
  学生の売り手市場優先だったのが
  ここにきて
  怪しい暗雲の広がりを感じます。
  これから
  就職活動に入る皆さんには
  しっかりと頑張って
  自分の夢を実現させてもらいたいものです。
  今日紹介する
  矢部潤子さんの『本を売る技術』は
  書店に就職を希望している人だけでなく
  仕事に対する向き合い方も書かれているので
  就活する皆さんに
  読んでもらいたい一冊です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  いい書店員がいる本屋さんの見つけ方                   

 ここ何年かのことだが、本屋さんや図書館に行くと、陳列棚に表紙の面を向けて本が並んでいるのをよく見かけるようになりました。
 あれは業界用語で「面陳」と言っているようですが、以前は本屋さんの陳列は「平積み」か「棚差し」がほとんどでした。
 「面陳」が増えたのは、本屋さんの売上が下がってお店の在庫を減らさなければならなくなったという要因もあったといいます。
 けれど、私は「面陳」は決して嫌でもないし、悪いとも思っていません。
 そもそも「平積み」の陳列方法もそうですが、本というのはもちろん内容が大切ですが、表紙だって購買意欲を駆り立てる要素です。
 在庫を絞って、その分「面陳」を増やし、本(商品)を手に持ってもらう。
 経営が厳しい「まちの本屋さん」ほど「面陳」をすべきだと思うのですが。

 ところが、この本で「本の雑誌社」営業部の杉江由次さんのインタビューを受けている、カリスマ書店員だった矢部潤子さんは「面陳」が嫌いだといいます。
 その最大の理由が「面陳」すると、本を傷めるというのだから、さすが本への愛が半端ではありません。
 なので、この本ではもし「面陳」をするのであれば、こうして本を置きなさいとイラスト付きで解説をしてくれてます。。
 「本を売る技術」というタイトルに違わない「技術」の開陳です。

 矢部さんの経歴は1980年の芳林堂書店を皮切りにパルコブックセンター渋谷、リブロ池袋店と36年間売場で本を売り続けたとあります。
 そういう人だけに平台への並べ方、作業の割り付けなど細かいところに目が届くでしょう。
 いい書店員がいる本屋さんの見つけ方は、やはり棚の陳列のような気がします。
  
(2020/03/19 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス