FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  先日
  第162回芥川賞受賞作
  古川真人さんの『背高泡立草』を読んで
  中上健次
  1975年に第74回芥川賞を受賞した
  『』のことを思い出しました。
  本当に久しぶりに
  読み返してみて
  やはりその巧さに
  ちょっと感動さえ覚えました。
  作者の中上健次も若かったけれど
  読者である私も
  当時20歳ですから若かった。
  このあと
  中上健次の作品を貪るように
  読んだことを思い出しました。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  これこそ芥川賞                   

 第74回芥川賞受賞作。(1975年)
 1992年に46歳の若さで亡くなった中上健次の29歳の時の作品。戦後生まれで初の受賞者となった中上は、その後期待に違わず、重厚な作品を発表し続ける。
 もし、まだ生きていたら、どんな作品を書いていただろうと思わないではない。
 そんな中上の受賞作が選考委員から絶賛されたかというと決してそうではなかったことに驚く。
 選考委員の一人中村光夫氏は「本来なら授賞作なし、だがもし強いて選ぶなら中上氏」という程度だし、吉行淳之介氏の選評にあるように「人間関係が複雑をきわめている」と同じような意見を述べた委員が多くいた。

 この作品は確かに主人公の秋幸という青年を中心にして、異父の姉たち、今ともに暮らす異父とその息子、そして母と実の父やその子といったように複雑な人間関係で成り立っている。
 その複雑な関係は短編ではなかなか描きにくかっただろうし、中上もそのことをわかったうえでこのあとにこの一族の長編小説を描くことになる。

 ただ印象としては、ここに登場する一人一人の印象がくっきりしている。
 ドラマでいえば端役であろう秋幸とともに働く名前さえ書かれない女の人夫さえ、その表情が立ち上がってくるように感じる。
 それこそ中上のエネルギーだと思う。
 「欠点も眼についたが、未知数の魅力とエネルギーに満ちていて、芥川賞の作品にふさわしい」と書いた吉行淳之介氏の選評が、この作品のすべてを語っているように思う。
  
(2020/03/24 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス