FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は今話題の本
  本橋信宏さんの
  『全裸監督 村西とおる伝』を紹介します。
  村西とおるさんといえば
  黒木香さんが主演した
  「SMぽいの好き」というアダルトビデオが有名。
  この作品が出たのが
  1986年.
  ビデオだって一家に一台という時代に
  まだなっていなかったかも。
  アダルトビデオの監督の半生を描いた作品が
  話題になっているのは
  これもNetflixという
  新しい媒体のせいともいえる。
  時代は常に新しいものを
  求めています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  なんともナイスなタイトルです                   

 我が家にある「広辞苑(第五版)」の厚さはおよさ8㎝。
 AV監督村西とおるの波乱にとんだ半生を描いたこの本の厚さはおよそ4㎝。
 ナイスです。
 「広辞苑」が枕なら、こちらは昼寝用かも。
 ファンタスティックな夢が見れそう。

 この作品は最近山田孝之さんの主演でNetflixで映画化された話題作の原作。
 若い読者にはその方がわかりやすいが、ビデオ創生期にアダルトビデオに触れた読者なら当時「AVの帝王」と呼ばれた村西とおるの作品を一度は見たのではないだろうか。
 ベーカムという重い業務用の撮影カメラを自ら担ぎ、BVDの白いパンツ姿で、あの独特なセリフ回しで女優たちに迫る男。
 まさにこのタイトルそのものである「全裸監督」。
 なんとインパクトのあるタイトルをつけたものか。

 村西とおるは1948年福島で生まれた。いわゆる団塊世代の一人である。
 団塊世代の多くがこの国の高度成長を牽引したように、村西もある意味時代を引っ張った一人であることは間違いない。
 ビニ本、裏本、で何億というお金を稼ぎ、摘発されるや出始めたばかりのアダルトビデオの監督になり、ここでも荒稼ぎをする。
 しかし、度重なる逮捕で前科7犯、さらには放漫経営の果てに50億円の負債を抱えることになる。
 まさにジェットコースターのような人生を歩んだ男だからこそ、読んでいる方からすればドラマのように面白い。

 作者の本橋信宏氏は1956年生まれ。
 一時期村西とおるとの接点もあり、間近で村西の狂気ともいえる生活を見てきた。
 そんな本橋氏は「保存されざる文化こそ私が活字で残しておかなければ」と綴る。
 村西とおるの半生もまた「保存されざる文化」なのだろう。
  
(2020/03/25 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス