FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は二十四節気のひとつ、
  清明
  万物がこの頃より溌剌としてくるといいます。

    清明や鳥はくちばし閉ぢて飛ぶ    鶴岡 加苗

  そんな季節なのに
  新型コロナウイルスの影響で
  なかなか溌剌とまではいかない。
  せめていい本でも読みたいものです。
  今日は文庫本の紹介。
  川上未映子さんが聞き手で
  村上春樹さんがこれに答える。
  『みみずくは黄昏に飛びたつ』。
  その新潮文庫版
  単行本の方は2017年の6月14日に
  紹介しています。
  では、何故文庫本なのか。
  その答えを書評に書いています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  読むんだったら文庫本で                   

 文庫本というのは、文庫オリジナルというのは別にして、基本的には単行本が出てから大体2年か3年経ってから刊行されると聞いたことがある。
 作家の(というより純粋に村上春樹さんのファンという側面の方が大きいが)川上未映子さんが聞き手で村上春樹さんがそれに答えるというインタビュー集であるこの文庫本の場合、単行本が出たのは2017年4月。
 その当時出たばかりの村上春樹さんの『職業としての小説家』と『騎士団長殺し』をテキストにして4つのロング・インタビューが収められている。
 単行本の場合は出たばかりのエッセイと長編小説がテキストであったから、それは刺激的だったし、それから2年経って文庫本で読んだ時は正直色褪せたところもあったが、中には全然変わらなく、村上春樹っぽい(当たり前だけど)箇所もたくさんあった。

 それは春樹さんがいうところの「信用取引」で、私という読み手が村上春樹という書き手を全面的に信用しているということだと思う。
 そして、「文章自体はどこまでも読みやすく、素直なものを使いたい」という春樹さんの小説スタイルに共鳴しているのでもあるのだろう。

 そんな単行本から2年が経って文庫本になったわけだが、この文庫本にはなんといっても「文庫版のためのちょっと長い対談」がオマケでついている。
 そこでは春樹さんが「文藝春秋」の2019年6月号に書いた父親の話「猫を棄てるー父親について語るときに僕の語ること」のことが結構話されている。
 さらにいえば、前期のベステセラー『ノルウェイの森』についても。

 だから、こんなことを書くとおかしいかもしれないけれど、この作品を読むなら絶対文庫本の方がお得だ。
  
(2020/04/04 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス