FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する
  角野栄子さん文
  大島妙子さん絵の
  『一年生になるんだもん』は
  これまで2回このブログで紹介しています。
  今日はそのうち
  2011年4月10日に書いたものを
  再録書評として紹介します。
  書評を読んでもらうとわかるように
  これは東日本大震災のあった4月に
  書いたものです。
  そして、今
  あの時以上につらくてきびしい春が
  めぐってきました。
  多くの小学校で
  新入生だけ、あるいは保護者は1名といった
  今までにはなかった入学式になりそうです。
  そのあとには
  また休校というところもあるでしょう。
  子どもたち。
  病気に負けるな。
  明るい夢をえがけ。
  そんな気持ちで
  ふたたびこの絵本を紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  明るい夢                   

 この春、新しく小学一年生になった皆さん、おめでとうございます。
 これからたくさんの楽しいことが皆さんを待っていることでしょう。
 ずっと前に小学一年生だった私からひとつだけお願いがあります。
 この春、大きな地震がこの国を襲いました。そして、たくさんの人たちの命が失われました。君たちのように一年生になるのを楽しみにしていた子どももいます。
 命のことは、あるいは生きていくということは、まだまだ君たちにはよくわからないことかもしれません。でも、これからのこの国をつくっていくのは君たちです。
 命を大切にし、この国で生きることの素晴らしさをつくっていってください。

 この絵本は、『魔女の宅急便』を書いた角野栄子さんの、小学一年生になる女の子のどきどきを描いたかわいい絵本です(絵は大島妙子さん)。
 学校にいく準備をするさっちゃん(彼女がこの物語の主人公です)と家族の様子に、そうだよなそうだよなと、もう何年も前になる娘の入学前のことを思い出しました。
 筆箱、鉛筆、ランドセル、運動靴。そのひとつひとつに娘の名前をいれました。もしかしたら、あの時が一番娘の名前を書いたかもしれません。
 子供の未来を純粋に願った、親として一番幸福な時間といえるでしょう。
 そんな幸福な時間をこの絵本が思い出させてくれます。女の子のどきどきをかわいいと読むこともできますが、親としての幸福感を味わえる絵本でもあります。

 入学式をおえて眠るさっちゃんはどんな夢をみるのでしょう。たのしいことがいっぱいつまった夢でありますように。
  
(2011/04/10 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス