FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  芥川賞と直木賞。
  純文学と大衆文学というくくりで
  論じられることが多い。
  今でも
  芥川賞受賞作が載った雑誌「文藝春秋」は
  毎回購入するから
  私はどちらかといえば
  芥川賞派かな。
  けれども、最近は直木賞の作品だって
  結構読んでいます。
  若い時にはほとんど見向きもしなかったですが。
  今日紹介する
  佐々木譲さんの『廃墟に乞う』は
  第142回直木賞受賞作
  でも、正直な話、
  ほとんど知らなかった。
  今回たまたまさいたま市の図書館の
  電子書籍のリストから見つけて読みました。
  面白いぞ、直木賞も。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  口当たりがいい推理小説集                   

 第142回直木賞受賞作。(2009年)
 北海道を舞台にして休職中の刑事が事件を解いていく、表題作を含む6つの短編で構成された連作集。
 作者の佐々木譲さんは1979年に『鉄騎兵、跳んだ』という作品でデビューし、直木賞を受賞した時には作家歴30年を超すベテランであった。
 そのせいか、選考委員の一人五木寛之氏が「いまさら直木賞でもあるまい、という空気もあったが、デビュー作から三十一年という、そのたゆまぬ作家活動への敬意をふくめて今回の受賞」がなったと書いたように、長年のご褒美的な要素もあっただろうが、そういうことを抜きにしても宮城谷昌光選考委員の「作家としての習熟度は氏がもっとも高い」という評価が勝っているように思う。

 一つひとつの作品に大きな破綻はない。
 どの作品も休職中の主人公仙道刑事に事件の解決を乞うところから始まる。
 そこまで信頼される仙道刑事であるが、心的療養中とはあるが何故休職しているのか伏せられたまま、どの作品も彼が解決までの道筋をつけていく。
 仙道刑事の過去が明らかになるのが、最後の作品「復帰する朝」である。
 彼は以前ある女性監禁事件で犯人を追い詰めながらもミスを犯し、被害者の命だけでなく犯人も亡くしてしまう。
 このことが彼の休職のきっかけだとすると、そのような刑事にどうしてしばしば事件解決の依頼があるのかわからない。

 そういう不満もあるが、やはり物語巧者だろう。
 実に口当たりのいい作品集に仕上がっている。
  
(2020/05/14 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス