FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  新型コロナウイルス感染が広がった時
  「不要不急」という言葉が
  しきりにいわれました。
  意味は
  「重要ではなく、急ぎでもないこと」ということで
  博物館、美術館の休館が
  早い段階で実施されました。
  緊急事態宣言が解除されて
  ようやく再開されたようですが
  休館のために
  見られなかった企画展なんかも
  多かったと思います。
  でも、本当にこれらの施設は
  「不要」でしょうか。
  人が人として心の豊かさを求める時
  これらの施設はとても大切な場所だと
  思います。
  そのことは
  今日紹介する
  原田マハさんの短編集
  『<あの絵>のまえで』を読めばよくわかると思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ジンとくるアートと小説                   

 日本は47都道府県に必ず美術館がある美術館大国だそうだ。
 だから、ごく普通の生活の中で美術品に触れあう機会は多い。
 原田マハさんのこの短編集は「アート小説」というよりは、そのアートと出会うごく普通の人々の物語が編まれている。
 6つの短編にそれぞれアートが登場する。
 しかも、それらのアートが登場人物たちに寄り添い、時に励まし、時に慰める。
 それはこれらの登場人物だけでなく、私たちもまたそういうアートを持っているかもしれないと思わせられる。

 6つの短編に描かれるアートの画家たちの名前をあげておこう。(かっこ内は短編のタイトル)
 ゴッホ(「ハッピー・バースデー」)、ピエソ(「窓辺の小鳥たち」)、セザンヌ(「檸檬」)、クリムト(「豊饒」)、東山魁夷(「聖夜」)、モネ(「さざなみ」)。
 そして、どの作品にもそれらアートが収められている美術館が重要な舞台となっている。
 例えば、「ハッピー・バースデー」の場合はひろしま美術館だし、「窓辺の小鳥たち」の場合は大原美術館といったように。

 6つの作品はどれを読んでも感動するが、中でも心に深く迫ってきたのが、「聖夜」だ。
 この作品は、息子を亡くした夫婦の物語だ。
 心臓に疾患を持って生まれた息子誠也。誕生日がクリスマスイブだったので、「聖夜」からその名前をつけた夫婦。
 息子はすくすくと育ち、登山に夢中になる大学生になる。そして、初めての冬山登山に挑戦し、命をなくしてしまう。山から戻ったら、彼女を紹介するという約束を残して。
 その息子が好きだったのが東山魁夷の「白馬の森」という絵画。
 ラスト、夫婦が訪れたのはその絵が収められている長野県信濃美術館・東山魁夷館。
 そこで、夫婦が出会うのは…。

 ジンとくる作品です。
  
(2020/06/02 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス