fc2ブログ
 汗ばむような陽気となった
 4月のおわりの28日、
 東京・大泉学園にある「牧野記念庭園」に行ってきました。

  20230428_110119_convert_20230430103022.jpg

 ここは、今NHKの連続テレビ小説(通称 朝ドラ)「らんまん」のモデルとなっている
 植物学者・牧野富太郎博士が
 大正15年から亡くなるまでの30余年を過ごした住居と庭の跡地で、
 昭和33年に庭園として開園したものです。
 練馬区立ということで
 うれしいことに入園料が無料。
 朝ドラ効果もあって、
 平日でもかなりの人が訪れていました。

 入ると、さっそく牧野博士がお出迎え。

  20230428_110222_convert_20230430103050.jpg

 正門そばに博士の胸像もあります。

  20230428_113014_convert_20230430103431.jpg

 その下に茂っているのがスエコザサ
 牧野博士が昭和2年に仙台で発見した植物で、
 奥さんだったスエさんへの愛情からその名を命名したといいます。

 庭園はこの季節、ケヤキやサクラの大木の緑がうっそうとして
 なんとも気持ちのいい風が吹いています。

  20230428_110311_convert_20230430103709.jpg
 
 足元には牧野博士が愛した草木がちゃんとその名称とともに植わっていて、
 植物が好きな人にはたまらない空間になっています。

  20230428_112621_convert_20230430103403.jpg

 庭園内にある企画展示室では
 「牧野富太郎 草木とともに」という企画展が開催されていました。(~10月9日)

  20230428_111333_convert_20230430103121.jpg

 ここでは牧野博士の自筆の植物画などを見ることができます。
 その細密な絵に圧倒されます。

 これは企画展示室そばの石碑。

  20230428_111718_convert_20230430103252.jpg

 碑に刻まれているのは、

    花あればこそ 吾も在り

 その先にあるのが、「ようじょう書屋」という
 牧野博士の書斎を復元した施設。

  20230428_111951_convert_20230430103330.jpg

 そこにおかれた本・本・本・・・。
 牧野博士はここで執筆や植物の描画にいそしんだといいます。

 牧野富太郎博士は昭和32年、
 94歳で亡くなっています。
 没後文化勲章が授与されて、その偉業がこうして
 庭園となって遺されています。
 朝ドラで人気の今、
 この機会に訪れてみるのもいいところです。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ