fc2ブログ
 韓国も日本に劣らず野球の人気が高い国です。
 大谷翔平選手が移籍したドジャースの開幕戦が韓国で行われるということで
 話題にもなっています。
 韓国の絵本作家ホ・ジョンユンさんの絵本『おとうさんをかして』でも
 野球の楽しむ家族の姿が描かれています。
 でも、野球をしてくれたおとうさんが死んでしまいます。
 この絵本は、ここから始まります。

  9784265852109_1_2_convert_20240118202725.jpg

 おとうさんが死んだあと、小さな弟は野球をしなくなります。
 おねえちゃんに弟はこう言います。「おとうさんと野球したい」
 おねえちゃんだって、淋しいのです。
 おとうさんに会えないことが嘘であればと、思います。
 おねえちゃんと野球をしよう、と誘っても、弟は嫌だとすねます。
 おねえちゃんは、思いつめて考えます。
 もしかして、もしかして。
 だから、友達の家に行って、こう言うのです。
 「おとうさんを かして」
 おとうさんはもちろん借りることはできませんでしたが、
 かわりにたくさん友達がやってきてくれます。

 とってもシンプルなタッチですが、この切ない物語に、
 チョ・ウォニの絵はとてもあっています。
 野球が好きな、そして家族を大切にするお隣の国の
 素敵な絵本です。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ