fc2ブログ
 この本、タイトルは『18歳までに子どもにみせたい映画100』だが、
 決して「子どもにみせたい」だけではない。
 むしろ、「100歳までにおとなにも子どもにもみせたい」の方が合っている。
 それほどに、この本に紹介されている映画は多彩で、
 思わず次観なくちゃと控えたくなる。
 しかも、タイトルには「100」とあるが、
 紹介された作品に関連した映画が「おまけ」としてタイトル2本ついているから、
 実質的には300本の映画が紹介されていることになる。

  9784048976497_1_2_convert_20240202201242.jpg

 著者の有坂塁さんは移動映画館の館長でもあり、
 自身小さなお子さんがおられるとのこと。
 そんなお子さんを見ていて、
 「次の時代を作っていく人にとって“道標”となるような映画本を作ろう」と決意し、
 できたのがこの本。
 だから、この本を読んで、面白そうだと感じた映画こそ、
 自分の道を示す「道標」にちがいない。

 この本が素敵なのは、有坂さんの解説が読みやすいだけでなく、
 映画のシーンが描き下ろしイラストとして出ていること。
 描いたのは、タイ在住のイラストレーター・Eaowenさん。
 この人のイラストを見ているだけでも、
 映画が観たくなるくらい。
 あなたなら、この本からどんな映画を選びだすでしょう?
 「いやあ、映画って本当に良いもんですね」、って
 映画評論家水野晴郎さんの名セリフは、いまも使える。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ