fc2ブログ
 「最期は本名で迎えたい」と、50年前の連続企業爆破事件で指名手配されていた男が
 名乗り出て、その後まもなく病死したニュースに、
 年明け早々日本中が騒然となった。
 事件を起こした時、男は二十歳。亡くなったのが70歳だから、
 50年間逃げ続けたことになる。
 私よりわずか一歳年上だった男、そんな男には自身の二十歳はどう見えていたのだろうか。
 そんなことを思っていて、久しぶりにページを開いた本がある。
 宮本輝のエッセイ集『二十歳の火影』だ。

  9784062752206_convert_20240204144644.jpg

 宮本輝が『蛍川』で第78回芥川賞を受賞したのが1978年。
 この時宮本は30歳になったばかり。
 その前後に書いたエッセイを集めたのがこの本で、1980年に出版されている。
 幼い頃に見た富山の風景や事業に失敗していく父の姿、
 そんな父の死後残された莫大な借金、それから逃れるようにして送った貧しい生活、
 そんな自身の青春の姿が綴られていて、
 ここには宮本文学の原型があるように思える。
 表題作である「二十歳の火影」には、70歳で亡くなる晩年の父の姿を見つめる
 二十歳の作者の姿が描かれている。
 若い女と暮らす自堕落の父、その部屋にかかっていた赤い長襦袢。
 それらを見たあと、二十歳の作者は「暗い哀しい気分」に浸りつつ、
 「いまにも炸裂しそうな何物かをじっと押し殺してもいた」。

 宮本輝だけではないだろう。
 「最期は本名で迎えたい」と願った男もまた、
 男なりの「二十歳の火影」を思い出すこともあったのではないだろうか。
 それは、男にとって、どんな揺らぎで映ったことだろう。

 今日69歳の誕生日を迎えた私が思い返す二十歳も、うんと遠くなった。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ