fc2ブログ
 毎年2月上旬に発売される「文藝春秋」3月号は、
 芥川賞の発表号で受賞作の全文掲載で話題となります。
 今回は第170回の芥川賞で、
 九段理江さんの『東京都同情塔』が受賞しました。
 それはいいのですが、
 今号の目次を見て驚いたことがあります。
 驚いた、というより落胆という方があたっているかもしれません。
 それは、この号のどこにも
 2024年の元旦に起こった能登地震の記事がないことです。
 あれだけの大きな災害があって、
 そのことに関して一篇の記事も載らないことの驚き。

  4910077010344_1_2_convert_20240211140101.jpg

 もちろん雑誌の発行には締め切りがあることもわかります。
 しかし、この号でいえば、
 1月2日の夕刻に起こった羽田空港での衝突事故について
 ノンフィクション作家の柳田邦男氏の記事
 「JAL乗務員緊迫の証言」が載っています。
 であれば、何故その前日に起こった大災害のことを
 記事にできなかったのでしょう。

 自民党の裏金問題も大きな政治問題でしょう。
 松本人志についてのさまざまな報道も
 またもや「文春砲」として賑わしているから話題となるでしょう。
 しかし、この号で扱われないといけなかったのは
 間違いなく能登地震ではなかったでしょうか。

 総合雑誌の雄としての「文藝春秋」は
 ある意味では報道する姿勢を明確に持つ立場にあるはずです。
 私は今でもこの号の目次を見ながら、
 どこかに記事の落丁があるのではないかと
 思ったりしています。
 あるいは、記事ひとつ載せられなかった大きなミスがあったのでしょうか。
 とても違和感が残る
 「文藝春秋」三月特別号でした。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ