fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日はアガサ・クリスティーの『予告殺人』という作品を紹介しますが、
  これはミス・マープルもの。
  アガサ・クリスティーといえば、エルキュール・ポアロと
  このミス・マープルが双璧の主人公で、
  ポアロが活躍する長編小説はすでに完全制覇しましたが、
  ミス・マープルものの長編小説もこの作品を含めて
  あと2作となっています。
  もっとも作品数でいえば、ポアロは33作品、
  ミス・マープルは12作品と少ないのですが。
  いつもの霜月蒼さんの『アガサ・クリスティー完全攻略』では
  この作品の評価は低く、★★なのですが、
  私はとても面白くて、★★★★はつけたいところ。
  あなたなら、どちらでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  9784151310386_convert_20240218163435.jpg

sai.wingpen  人殺しも、とても人間的なんですね                   

 アガサ・クリスティーが1950年に発表した「ミス・マープル」ものの長編小説で、この作品がアガサ・クリスティーの50作めとなるそうだ。
 しかも、1890年生まれの彼女にとって、60歳の節目の年齢でもある。
 そして、アガサお気に入りのジェーン・マープルの作品と、色々な要素が重なり、面白い作品となった。
 原題は「A Marder Is Announced」で、「殺人は予告される」という意味。
 邦題はこれを『予告殺人』としているが、原題のままでもよかったように思う。

 ある日、新聞の片隅に「殺人をお知らせします」という告知文が掲載される。
 それによれば、小さな村に住む一人の老嬢の家で殺人があるようで、村に住み住民たちもどんな面白い出し物があるのか興味をそそられて、その時刻に老嬢の家に集まってくる。
 ところが、なんと本当に老嬢は拳銃に狙われ、撃ったと思われる男が逆に死んでしまう。
 そののち、老嬢には近々大金となる遺産が入ってくることが判明し、そのために命が狙われていることがわかってくる。
 老嬢のまわりにいる怪しい人物たち。
 そこにやって来たのが、ミス・マープル。

 実はこの作品に呼応する作品があって、それはポアロものの『象は忘れない』。
 この『予告殺人』の最後で脚本家の青年が書く芝居のタイトルが「象は忘れる」となっていたり、この事件の真相と『象は忘れない』の真相が似ていたりする。

 「人殺しも、とても人間的なんですね」。
 作品に書かれたこの言葉が、もしかしたらアガサ・クリスティー作品の魅力を集約しているような気がする。
  
(2024/02/21 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス