fc2ブログ
 この本の著者、岸本葉子さんはエッセイストだが、
 NHKの俳句番組のMCを長年務めていたことから自身も俳句を詠むようになり、
 すでに句集まで出しているから、その肩書に「俳人」といれてもいい。
 俳句関連の本も出していて、
 この『毎日の暮らしが深くなる 季語と俳句』もそんな一冊である。
 ただ、俳句の解説本というよりはエッセイ集という方が合っている。
 季語を紹介し、それを詠んだ俳句を数句、さらには岸本さん自身の句と
 それをどのようにして詠んだのかといった企業秘密(?)も混ぜ合わせて綴られている。
 そして、その根幹に岸本さんの日々の暮らしが、
 例えば料理の仕方であったり掃除や片付けの方法であったりがある。
 つまり、この本はどの方向から読んでも構わない、そんなふうに出来上がっている。

   9784305710093_1_85_convert_20240417104629.jpg

 特に気に入ったのは、俳句の初心者にもわかりやすく書かれている点。
 「歳時記を開いたとき、太字にしたり【】で括ったりして目立たせてある季語を見出し季語、または主季語という。
 その下にやや小さな扱いで並べてあるものを、言い換え季語、副季語、傍題と呼んでいる。
 と、とてもわかりやすい。
 俳句を作る人は「あいにくの雨はない」とよく言うらしい。
 満開の桜、せっかくの雨に残念と思うだろうが、実は雨のなかにも風情がある。
 そんなことも、この本では教えてくれる。

 本にも「あいにくの本」なんていうのは、ない。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ