FC2ブログ
03/03/2009    雛まつり
本 先週発売された「週刊 日本の歳時記」(3/3号)は、
 「雛遊び」という題でした。
 ひなまつり
 そして、今日は「雛まつり」です。
 どういう日なのか、
 『歳時記のある暮らし』(監修:坂東眞理子)という本を
 参考に書いてみますね。
 「赤い毛氈の段々に並んだおひな様、白酒、菱餅、桃の花。
  の子の祭りとして親しまれている三月三日のひな祭り。
  正しくは「上巳(じょうし、またはじょうみ)の節句」といい、三月最初の
  巳の日に行うものでしたが、次第に三日に定着していきました


 ふーん。そうなんだ。
 ちょっとした雑学でしょ。
 雑学ついでに、同じ本から、もうひとつ。
 雛と女雛の並びですが、
 関西では「古く左を上位とする風習から男びなは女びなの左手」、
 関東では「大正天皇の即位以来の並び方を模して」逆だそうです。
 結構、奥深いですね。

本雛まつり」といえば、黒澤明監督の晩年の作品『』にも登場します。
 映画の中では、桃の精でしたね。
 土手いっぱいに「雛人形」たちが並ぶ、雅やかな場面でした。
 どうして、昔からの桃の木を切ったのだと少年に問いただします。
 外国の人は、あの場面はどのように観たのでしょう。

本 たびたびこのブログで紹介している山形県酒田市ですが、
 あそこにも素敵な習慣があります。
 傘福
 「傘福」というもの。
 雛人形をつるすのですね。
 横の写真がそうです。
 初めて見た時は、その素晴らしさに圧倒されました。
 こういう吊り飾りは各地にあるようですね。
 「週刊 日本の歳時記」には、福岡のものが紹介されて
 いました。福岡では「さげもん」と呼ぶらしい。
 確か「傘福」のキットも販売されていたように思います。
 そういう素敵な風習は残しておきたいですよね。

本 我が家では、今年はとうとう「雛人形」を飾り損ねました。
 娘たちも大きくなって、場所だけとるので、
 つい億劫になってしまいます。
 よく雛人形を仕舞うのが遅くなると婚期が遅れるとか
 いいましたが、どんなんでしょうか。
 娘たちに悪いので、コメントは差し控えます。
 『歳時記のある暮らし』によれば、
 「啓蟄までに片づけるのがよいとされている」と、あります。
 ちなみに「啓蟄」は3月5日ですので、
 お忘れなく。
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/105-629f9b80