FC2ブログ
03/17/2009    雨後の竹の子新書
本 忘れないうちに書いておかないと、あれ、どっか行っちゃった、
 みたいなことになってしまうので、急いで書き留めておきます。
 3月12日の「朝日新聞」の「文化欄」に出てた記事のことです。
 タイトルが「新書ブーム市場沸騰」。
 結構、今の新書ブームがわかりやすくまとまっていました。

本 冒頭の文章はこうです。引用しますね。
 「本屋を歩けば嫌でも目につく新書の山。点数は膨大で、内容も
 ルポものや歴史本、経済本からタレント本まで、フィクション以外なら
 何でもあり、の状態だ

 とあります。
 これ、実感としてあります。
 最近本屋さんに行くと、新刊書の棚よりも新書の棚の方に
 じっくり時間をかけています。

 では、本当にどれだけ出版されているのかというと、
 記事によれば年間1500点以上というからすごいものです。
 しかも、「新書」とついたレーベルが40以上あるというのですから、
 これまたすごい。
 みなさん、いくつ言えます?
 岩波新書、中公新書、講談社現代新書(これら三つが新書御三家です)、
 ちくま新書に新潮新潮、PHP新書、文春新書、・・・
 いやあ、すごい。
 記事の中で「中央公論」の間宮編集長の言葉として紹介されていたのが、
 「雨後の竹の子新書」。
 「形は新書だが著者も中身もタイトルも何でもありの新書
 という現状を皮肉った命名。
 にょきにょき。
 それはそれで現代の出版事情と関係しているようで、
 本が売れないので、廉価な本(ここでいえば新書)を量産するしかない、
 ということらしい。
 読み手側からすると、廉価である程度の知識欲が満たされ、しかも
 持ち運びな新書は魅力ではありますが。

本 実は、1997年の私の「読書ノート」にこんな書き込みを見つけました。
書いたのは、1997年5月31日、もう10年以上前の記述ですが。

   岩波新書が創刊2000点に達した。1938年11月に斎藤茂吉や寺田寅彦ら
   20点から始まって、綿々60年にしてこの数字になった。岩波書店によると、
   「永遠の生命をもつことをめざす文庫とはちがい、何よりもそのときどきの
   現代的な課題にこたえたいというのが、出発時からの方針」だったという。
   僕が初めて岩波新書を読んだのは、中学の終わりか高校生の頃だ。確か
   日高六郎の「昭和史」だったと思う。あの当時岩波文化はかなり進歩的、
   左翼的と見られていた節があって、新書を読んでいるだけで少し高尚な
   気分になれたものだ。その新書も、ある時期(赤版だったと思う)からぐっと
   印象が変わる。(中略)それでも「現代的な課題にこたえたい」というので
   あれば、それも十分に理解できる。社会主義は崩壊し、事件・事故は極めて
   個人的な領域に限定されるとすれば、テーマは常に流動せざるをえない。


 いやあ、すごくまともな97年の私です。
 この文章から12年、新書はまったく新しい世界にはいっています。

新書大賞〈2009〉新書大賞〈2009〉
(2009/03)
中央公論編集部

商品詳細を見る
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/121-a0b37463