fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介するのは
  「精選女性随筆集」の2巻め。
  今回は作家の小池真理子さんが選に
  あたっています。
  取り上げるのは
  森茉莉吉屋信子
  最近の人は
  なかなかこの二人の作品を
  読むことはないかもしれませんね。
  私も名前はよく知っていますが
  二人の作品に熱中したことは
  残念ながら
  ありません。
  私よりもう少し年上の読者が
  多いかも。
  だから、この二人を選んだこと自体
  小池真理子さんやるじゃないっていう
  感じがします。

  じゃあ、読もう。

精選女性随筆集 第二巻 森茉莉・吉屋信子精選女性随筆集 第二巻 森茉莉・吉屋信子
(2012/02/07)
小池 真理子選

商品詳細を見る

sai.wingpen  誰が一番したたかか                  矢印 bk1書評ページへ

 「精選女性随筆集」の第二巻めは、小池真理子さん選の「森茉莉/吉屋信子」集です。
 この「精選女性随筆集」は川上弘美さんと小池真理子さんという二人の人気女性作家が選にあたっているのが一つの特長でもあります。二人がどのような女性作家を選んでいるのかも興味のわくところで、第一巻めの「幸田文」を川上弘美さんが選んでいるのは納得の一冊でした。
 では、この巻はといえば、森茉莉と吉屋信子ではあまりにも極端な気がして仕方がありません。いわば、森茉莉は文豪森鷗外の娘という華やかな少女のイメージがあり、吉屋信子には少女小説に夢中のおとなしい少女のそれで、重なるところをあまり感じません。
 小池真理子さんは巻頭のエッセイの表題を「二つの少女性」としていますが、森茉莉と吉屋信子の個性はまさにそれであり、同時に小池真理子さん自身がその少女の二面性に拘ってきた作家だともいえます。
 王女様の気品、シンデレラの純朴。魔法使いがいなくとも、女性は常に二つの顔をもっているのではないでしょうか。

 森茉莉は短編『薔薇くい姫』の中で幼少の頃父鷗外と暮らした当時の家の様子を語るのに自身の話にまったく話を聞いてもらえなかったことを恨むように書いていますが、本書に収録されている『幼い日々』を読むと、まるでその生活がどこまでも成長し続ける植物のように描かれ、読む者を圧倒させます。
 この廊下はかつて通ったところ、この庭は先ほど垣間見たはず、鷗外はここにもいてそこにもいる。まるで縦横無尽に筆が走ります。こんな贅沢な文章にはなかなか出会えません。
 後半の室生犀星、三島由紀夫、川端康成という三人の文豪への哀悼に文章も、どこかつんと突き放すようで、お嬢様然は森茉莉の個性といえます。

 その一方で、吉屋信子の優等生ぶりはどうでしょう。
 先輩作家岡本かの子、林芙美子、与謝野晶子に対するこのつつましさ。あるいは友人宇野千代を語る文章、いずれも前にでることなく、後ろにひかえた奥ゆかしさ。こういう女性はもてただろうと思いますが、吉屋信子は生涯独身を通しました。
 そんな中、『馬と私』という競馬馬の馬主としてのエッセイは優等生がすこしいたずらをしているような感じさえします。それがまたかわいいのですが。

 こんな二人を選んだ、小池真理子さんもしたたかな少女といえます。
  
(2012/05/14 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/1328-e96615b7