FC2ブログ
世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか
(2008/01/18)
岡田 芳郎

商品詳細を見る


sai.wingpen  もっけだの                     矢印 bk1書評ページへ

 JR酒田駅は日本海に面した歴史ある港町にしては、思いのほか小さな駅だ。
 改札を出ると駅前ロータリーがあって客待ちのタクシーが何台か止まっている。
 駅前にはかつて大手スーパーがあったらしいが、今は更地のままぽっかりと置き座りになっている。その向こう側にこの物語にも登場する「東急イン」の看板がみてとれる。タクシーに乗って中心街に向かう。
 「最近どうですか」と聞くと「よくないのぉ」と運転手は静かに答える。語尾の<のぉ>が特徴的な話し方だ。

 駅前からこの物語に紹介されている「日本一のフランス料理店」レストラン欅のある中心市街地まで車で走ると五分くらいだが、街のおおよその表情はつかめる。
 寂しい。
 どこの地方都市もが陥っている衰退がここにもあることがわかる。
 それゆえに、この物語で紹介された「世界一の映画館」や開高健や丸谷才一といった文人が絶賛したという「フランス料理店」がここ酒田にあったというのが不思議に思える。
 「レストラン欅」のあるビルの側に、これも本書の中に登場する「清水屋デパート」が今も街の中心にある。しかし、ここにはもうこの物語の主人公佐藤久一が作った大食堂「ル・ポットフー」はない。というより、この「清水屋デパート」は酒田大火のあと、現在の地に建替えられたものだと聞いた。
 酒田の天気はめまぐるしく変わる。
 海の向こうに暗雲があったかと思うとものの数分で街は雨になり風が強く吹く。強い風にも酒田の人は動じない。よく吹く海風だ。
 昭和51年10月の酒田の大火の際にも強い風が吹いていた。
 その火事が残したものは街に少なからずダメージを与えた。
 現在の、小さな街でありながら広い道路幅は延焼というものを招いた反省の上からできあがったものにちがいない。それがいっそう街の表情を殺伐とさせている。
 同じだけの人がいるとすれば、狭いところであれば<賑わい>にうつり、広いところであれば<閑散>に見える。
 地方都市が今後の都市整備の中で考えなければいけない視点だ。

 この本の読み方はいくつもあるだろう。
 主人公佐藤久一の人間としての魅力や彼の残した光あるいは影の人間ドラマとしての側面以外に、この本は街のありようについてなんらかのヒントを与えてくれている。
 佐藤久一はある意味破天荒な人物であったかもしれないが、彼の根っこにあったのは故郷酒田への思いであったことがわかる。
 佐藤久一は単に「世界一の映画館」や「日本一のフランス料理店」を作りたかったのではない。彼はそれを日本海に面した小さな街酒田に作りたかったのだ。
 今そういう思いをもった久一のような人物が地方都市には必要なのかもしれない。

 レストラン欅での食事は所用があって出来なかったが、清水屋デパートに面した商店街に紺地に染められた暖簾がさがっているのが目にはいった。
 そこにはいくつかの酒田の方言が白く染められていた。
 「もっけだの」は「どうもありがとう」の方言らしい。
 久一の声がどのようなものであったか知らないが、この本を閉じた時、静かに「もっけだの」とつぶやく久一の声が聞こえるようでもあった。
(2008/04/21投稿)

プレゼント 書評こぼれ話
  再録
  これは「佐々木なおこ」さんからコメント頂いた本の書評です。
  この本には「佐々木なおこ」さんもbk1書店で書評を書いています。
  実はこの書評を書いた後、酒田市にある「レストラン欅」で食事をする
  機会がありました。
  とても落着いた雰囲気のお店でした。
  お昼の食事でしたが、ゆっくりとした時間が流れていました。
  お店の人は、この本が注目をされたおかげで、遠いところからも食事
  に来られる人が増えましたと話されていました。 
  すてきな笑顔の女性でした。
  「もっけだの」と言ってお店を去りたかったのですが、
  やはり恥ずかしくて出来ませんでした。
  でも、この本は、映画になったらいい映画になると思うのですが。
  だれか映画にしてくれないだろうか。
  
  

Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/14-88b10e48