FC2ブログ
12/13/2008    書評:センセイの鞄
センセイの鞄センセイの鞄
(2001/06)
川上 弘美

商品詳細を見る


sai.wingpen  新作の前に                     矢印 bk1書評ページへ

 この本を読んでからどれくらい経つだろうか。
 読後の、せつない気分がまだ心のどこかにあって、それが時々たまらなくなる。
 きっとそんな切なさを捜して、あれから何冊も川上弘美の本を読んできた。
 「神様」もよかった。
 「おめでとう」もよかった。
 でも「センセイの鞄」の世界にはまだ遠かった。
 それでいて、この本に戻るのも怖くて。
 もし、あの時の切なさがなくなっていたら、次はどこに帰ればいいのだろう。
 そんな時、新作「パレード」の記事を見た。
 それで、少し勇気がでた。
 新作を読む前に、もう一度、「センセイの鞄」を読んでみようって。
 それで、またお酒を少々飲みたいな
(2002/04/27 投稿)

プレゼント 書評こぼれ話
  再録
  これが、私の、bk1書店への、記念すべき? 第一作です。
  すごく短いですが、投稿した時はもっと長かったと思います。
  bk1書店のシステムの都合だと思うのですが(もしちがったらごめんなさい)、
  その頃投稿した作品はエッセンスだけ残して短くなっています。
  残念ですが。
  何しろ2002年の投稿ですからね。もう六年も前の頃です。
  もともと「読書ノート」はつけていました。
  そのために当時高価だったワープロまで買っちゃったくらいです。
  でも、時代がワープロからパソコンに変わって、
  自分の「読書ノート」をどうしようかと迷っていた時に、bk1書店が
  読者の書評を受け付けていたことを知って、投稿を始めたんです。
  そして、これが最初の投稿になった訳ですが、
  しかも川上弘美さんの『センセイの鞄』というところが、
  自分らしいというか、ちっとも変わらないな、という気がします。
  そういうことを味わえるのも、こうして書評として書きとめているから。
  そういう習慣のない人には、ぜひ、「読書ノート」を書くことをお奨めします。

  もうひとつ書いておくと、書評の中で『センセイの鞄』を再読しようかな、と
  書いていますが、実はまだ再読できていないんですよね。
  何故。
  この書評に書いたままなのです。
  いつか。いつか。
  
  
  
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/15-793070bc