FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  ずっと思っていました。
  手塚治虫さんのライフワーク
  『火の鳥』を
  このブログで紹介したいなぁと。
  角川文庫のラインナップに
  この作品が並んだ時はうれしかったなぁ。
  もう20年以上前の話です。
  手塚治虫さんの作品は
  何度でも読みたくなります。
  漫画の神様と呼ばれる所以でしょ。
  ところで、今回の初出は
  「COM」という漫画雑誌ですが
  この雑誌も手塚治虫さんがおこしたもの。
  だから、自分の最高傑作の
  連載を始めたのです。
  これから不定期になりますが
  『火の鳥』を読んでいきたいと
  思います。

  じゃあ、読もう。

火の鳥 (1) (角川文庫)火の鳥 (1) (角川文庫)
(1992/12)
手塚 治虫

商品詳細を見る

sai.wingpen  ふたたび、そして何度でも                   

 手塚治虫さんの『火の鳥』を読むのは何度めになるだろうか。
 それよりも、最初にこの作品を読んだのはおそらく今から40年以上も前になるから、そのことの方が自分でも驚く。
 昔でいえば、漱石とか芥川の作品を読み返すような感覚だろうか。
 それほどにこの作品は重厚で、飽きさせないし、いつも新鮮だ。

 長いシリーズの第一作となるこの「黎明編」は女王ヒミコの圧政する古代ヤマタイ国。ヒミコに隷従する防人の猿田彦は敵国クマソを焼き滅ぼす。ただ一人、猿田彦を恨むナギ少年を残し。
 猿田彦とナギの間にはいつしか父と子のような愛情が芽生え、ある事件をききっかけにヒミコの怒りをかった猿田彦は見るも無残な姿に変えられてしまう。
 そして、永遠の命が手にはいるという火の鳥を求めて、ヒミコや猿田彦やナギ、さらにはヤマタイ国よりもさらに巨大な国を巻き込んで、運命が交錯していく。

 手塚さんは「漫画の神様」と呼ばれたが、常に新しい表現方法を求めた漫画家であった。神様や王者ではなく、死ぬまで挑戦者であり続けた表現者といっていい。
 この作品の初出は1967年だから、劇画の時代がゆっくりと開こうとしていた。それでも、この作品におけるキャラクターの造形は、まだ少年少女漫画の域を越えていない。
 手塚さんは晩年期劇画に匹敵するようなものを数多く発表しているが、キャラクターの造形は生涯少年少女漫画だったといえる。

 この作品では舞台での上演のように背景も登場人物の立ち位置もほとんど変わらないコマの連続や影となって動きのある場面を描くなど、ストーリーの重厚さを表現で補完しようとする手塚さんの野心がうかがえる。
 手塚さんは映画に対抗しようとしていたのではないだろうか。

 手塚さんのライフワークと呼ばれる『火の鳥』。最初の連載は1954年の「漫画少年」発表だという。
 この角川文庫版では1967年発表の作品が採用されていることを書き添えておく。
  
(2013/08/03 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/1787-7e43b039