FC2ブログ
 今朝(8.17)の朝日新聞
 こんな記事が出ていました。

    「ゲン」小中校で閲覧制限
     松江市教委「描写が過激」

 中沢啓治さんの『はだしのゲン』をめぐって、
 松江市の市教育委員会が作品中の暴力描写が過激だとして
 松江市内の小中学校の図書館で
 子どもたちが自由に見ることができない閉架の状態にしたという
 内容です。
 『はだしのゲン』を全巻読んできたものとして
 少し書いておこうと思います。
 書評の中でも書きましたが、
 『はだしのゲン』の中には過激な描写がないわけではありません。
 しかし、それを避けていては
 作者である中沢啓治さんが願ったものは
 伝わらないともいえます。

はだしのゲン 第1巻 青麦ゲン登場の巻はだしのゲン 第1巻 青麦ゲン登場の巻
(1984/01)
中沢 啓治

商品詳細を見る


 10巻めの書評で、
 私はこう書きました。
 「投げ出すのではなく、寄り添うようにして、この漫画は読むべきだと思う」と。
 今回の松江市教育委員会の対応は
 さまざまな意見を考慮し行われたのでしょうが、
 結果として「投げ出した」ようにしか思えません。
 おとなたちは、惜しんではいけません。
 子どもたちとの時間を惜しんではいけません。
 子どもたちとともに考える時間を惜しんではいけません。
 子どもたちと寄り添うことを惜しんでいけまないのです。

 それと、
 子どもたちを信頼することです。
 『はだしのゲン』が被ばくという現実の前で
 果敢に生き抜いたように、
 子どもたちには強い力があります。

 10巻めの書評の最後に
 こう書きました。

   大人がきちんと「伝える」本だということを忘れてはいけない。

 たくさんの人がこの問題を考えてみること、
 そのためにも
 まず中沢啓治さんの『はだしのゲン』を読破してみて下さい。

   はだしのゲン』全10巻の書評をお読みいただけます。
   検索で「はだしのゲン」と入力してみて下さい。



  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/1807-944e2e3c