FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する
  『まばたき』という絵本は
  昨年のクリスマスシーズンに
  東京青山の児童書専門店「クレヨンハウス」で
  見つけた一冊です。
  やっと読めました。
  文を担当しているのは
  歌人の穂村弘さん。
  絵は、私の大好きな酒井駒子さん。
  まず最初に
  酒井駒子さんの描かれた
  目をつむる少女の顔を描いた
  表紙が目に飛び込んできます。
  相変わらず
  酒井駒子さんの絵の
  なんと素敵なことでしょう。
  今日の書評タイトルを
  「この絵本に流れる静謐な時間」としましたが
  この絵本を読んでいるその時間の
  なんともいえない豊かさは
  あまり味わえないものです。
  どうか
  ゆっくりと読んでみて下さい。
  きっとあなたも
  その時間の
  静謐なことに満足されるでしょう。

  じゃあ、読もう。

まばたき (えほんのぼうけん67)まばたき (えほんのぼうけん67)
(2014/11/26)
穂村 弘

商品詳細を見る

sai.wingpen  この絵本に流れる静謐な時間                   

 絵本制作の現場を知らない。
 例えば、絵本作家と呼ばれる人であれば、文も絵も一人で担当して一冊の絵本を造る。
 では、文と絵が別々の作家だと、どういう割り振りになるのだろう。
 文を担当する書き手が文章だけを書き、書かれた文章にイメージを膨らませて絵を担当する絵描きが描いていくのだろうか。
 あるいは、文を担当した書き手が絵描きにここにはこういう絵を描いて欲しいとお願いをするのだろうか。

 この絵本の場合、文を担当しているのは、短歌界の新しい波を築いて、現代短歌の第一人者でもある穂村弘さん。絵は、自身絵本作家として多くの絵本を造り、本の装丁にも多くの作品を提供している酒井駒子さん。
 そんな二人が一冊の絵本を造ったのだから、どんな風にして出来上がったのか興味が尽きない。

 何しろこの絵本には、「しーん」「カチッ」「はっ」「ちゃぽん」「「みつあみちゃん」」、これだけの言葉しかない。
 文を書いたのは穂村弘さんであるのは間違いないが、これだけで酒井駒子さんが絵をイメージしたのだろうか。
 例えば、「しーん」には、花の蜜を吸う紋白蝶が描かれている場面が2枚。もう1枚は、その花から飛び去る紋白蝶が描かれている。
 一方は「しーん」の三文字、対する絵描きは3枚の絵を描く。
 これは読者としての私の推測だが、穂村さんと酒井さんは何度も打ち合わせをしたのではないだろうか。
 「しーん」という言葉に込めた意味を穂村さんが酒井さんに説明する。酒井さんが最初の図柄を描く。穂村さんがこういうのはどうだろうと提案する。酒井さんが、それではと描き直す。
 そういう工程があって、「しーん」に紋白蝶が描かれたのではないだろうか。
 あくまでも、絵本制作の現場を知らない読者の思いではあるが。

 穂村さんがこうして欲しいと譲らなかったのは、最後の「「みつあみちゃん」」という言葉の絵だと思う。
 この絵本のタイトルが「まばたき」とあるように、「みつあみちゃん」がたった3枚の絵で老婆に変わるのは、「まばたき」をするだけのわずかな時間。
 穂村さんはそれだけは譲らなかったのではないでしょうか。
 なんとも奥深い絵本だ。
  
(2015/03/22 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2379-dcd4a3ce