プレゼント 書評こぼれ話

  気がつけば
  夏休みも半分以上すぎてしまいましたね。
  おじいちゃんやおばあちゃんのいる田舎から
  戻ってきて
  これから宿題しないとって
  思っている子どもたちもたくさんいるでしょうね。
  田舎のお家って考えれば
  怖くなかったですか。
  廊下を歩けばギシギシ。
  天井裏をネズミがトコトコ。
  電気冷蔵庫も夜中にはひとりブーン。
  そして、
  障子の向こうでなんだか黒い影が―。
  今日は「怪談えほん」の一冊
  京極夏彦さん作、
  町田尚子さん絵の『いるの いないの』を
  紹介します。
  この絵本より怖いものがあるとしたら
  それはきっと
  宿題かも。
  いつまで本なんか読んでるの!!
  宿題たまってんでしょ!!
  お母さんはもっと怖いかも。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ぎゃーあ!!                   

 寝る前に絵本を読んでもらう。最後まで聞いていたためしがない。でも、なんだかとっても気持ちのいい気分になって、うまくいけば夢でもほんわかとした気持ちになる。
 そんな経験をしたこと、ありませんか。
 でも、この絵本はちがいます。
 とってもこわい絵本です。
 夜、寝る前にこの絵本を読んでもらったら、オメメはぱっちりして、最後に出てくる「すごく こわいかお」をした男の顔が忘れられなくなるかもしれません。
 寝れるかな。
 わるくすれば、夢にまで追っかけてきそうじゃないですか。
 お母さん、今日、一緒に寝てもいい?

 何しろ、この絵本の書き手はあの京極夏彦さんなんですから、怖くないわけがありません。
 京極さんは「怪談之怪」発起人だったり、全日本妖怪推進委員会肝煎だったりするのです。きっと怖いものが大好きにきまってる。
 それに加えて、町田尚子さんの絵がすこぶる怖い。天井の高い梁の上の「すごく こわいかお」をした男の顔の怖いことといったら。
 そればかりではありません。猫の使い方がとても怖いんです。読み方によっては、田舎の猫好きなおばあさんの家に来た男の子の話ってことなのですが、たくさんの猫の一匹一匹の表情が恐怖感を忍ばせています。あるいは田舎の庭の間垣に掛けられているゴム手袋だって、人間の手にしか見えないのですから、ページを開くのも怖い。

 都会暮らしになれた子どもにとっては田舎の家そのものに妖しいものを感じ取るかもしれません。この絵本の男の子のように。
 おばあさんは「みなければ いないのと おんなじ」というけれど、男の子は「みちゃう。いるかもなと おもうと みちゃう。みたら。みたらみたら。」
 ― ぎゃーあ!!

 怖がりの子どもは昼間に読みましょう。
 もし、勇気を出して夜に読んでもけっして天井を見たりしないで下さい。
 だって、この絵本から抜け出して「すごく こわいかお」した男が天井からこちらを見ていないとも限らないですから。

 それにしても、怖い絵本です。
  
(2015/08/16 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2548-57b4d07d