FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は日曜日。
  日曜日といえば、お待ちかね「丸かじり」シリーズです。
  その前に。
  「ブログランキング」のこと、書いておきます。
  私は毎日毎日、みなさんに「ひよこちゃんバナー」をクリックして下さいと
  お願いしています。
  心優しいみなさんは(もちろん少しぐらいは心優しくない人もいるでしょうが、
  あ、あなたではないですよ、あなたはもちろん、心優しい)
  「めんどくさいな」と思いながらも、クリックしてくれる。
  ありがたい。
  クリックしてもらっても、みなさんに何かいいことがあるかというと、
  これは、ない
  なーんにも、ない
  私はそれがつらい。
  指一本とはいえ、みなさんにそういう無為な行為を強いるのが、
  私にはつらい。
  一方、私にいいことがあるかといえば、
  みなさんのクリックがたくさん集まれば、ハワイに行ける、ということは
  絶対ない。
  ミスタードーナツのポイントも増えない。
  もしかしたら、
  絶世の美女がたまたまこのブログを訪問するかもしれない。
  でも、確率はひくい。
  それでも、みなさんの指ひとつ分のクリックはうれしい。
  いい本を読もうと思う。
  いい書評を書こうと思う。
  それで、みなさんの心が少しでも慰安されるとすれば、
  みなさんにもいいことがあることになる。
  「ひよこちゃんバナー」は幸福の青い鳥なんだ。
   
    ♪クッククック わたしの青い鳥
  
  だから、今日も「ひよこちゃんバナー」をクリックして下さい。

     ◆「ブログランキング」に参加しています。
     下の「ひよこちゃんバナー」をクリックして下さい。

      

昼メシの丸かじり (文春文庫)昼メシの丸かじり (文春文庫)
(2005/06/10)
東海林 さだお

商品詳細を見る


sai.wingpen  「丸かじり」観察日記                 矢印 bk1書評ページへ

 ×月×日 きょう、なつ休みのしゅくだいがでました。「かんさつ日き」をつけるのだそうです。しょうじ先生は「かんさつとは、じっくり見ることだ」といいました。じっくり、ってよくわかりませんというと、先生は「ていねいに見ることだ」といいました。なにをかんさつしてもいい、と先生はいいましたが、きっとあさがおとかアリさんとかのかんさつをたのしみにしているのだと、おもいました。ふん、とおもったので、いつもあそんでばかりいるとなりのおじさんにきいてみました。おじさんは一さつの本をかしてくれました。「昼メシの丸かじり」という本です。この本でなにをかんさつしていいのかわかりませんが、「ありがとうございます」とおれいをいいました。
 ×月×日 テーブルにきのうの「昼めしの丸かじり」の本をおいておきました。さかなをつかまえるエサみたいなものです。さかなが、ちがいました、ママがちかよってきました。「なんだろう」というようなかおをしています。きっとパパのかおのような、おもてのえが、きになったのだとおもいます。ペラペラとめくりました。あ、いすにすわりました。お、よみはじめました。ぼくにしゅくだいするようにいうときのかおににています。目がうごいています。くろいほうの目です。あれ、はながひくひくしました。ぷわーとはなのあながひらきました。くすっとわらいました。どうしたのかな。ぼくがテレビでおわらいばんぐみをみていると、じんじゃのいり口にいる犬みたいなかおをしておこりだすママがわらいました。ページをすすめて、またくすっとわらいました。わらいながら、手のひらで口をかくしました。ママはきれいなはをしているのに、口の中をみられるのがいやなのかな。あ、いま、こえをだしてわらいました。わらいのしゃっくりのようです。目からなみだがでてきました。かなしいことがかいてあるのかもしれません。でも、わらっています。おおわらいしています。そして、とけいをみてあわててしょくじのじゅんびをはじめました。エプロンをしながら、やさしい目をして、「またね」といいました。

×月×日 パパがおさけをのんでかえってきました。ママはおこってさきにねました。パパは「うぃっ、うぃつ」とロボットみたいなおとをたてています。「昼メシの丸かじり」の本をみつけました。ぱっとひらいて、とつぜんよみはじめました。どうせよっていてよめないだろうと、ぼくはおもいました。とろんとしていたパパの目がいきかえりました。きらきらしてきました。せすじがのびました。ぼくがきょうかしょをよむときのしせいになりました。うなづきました。あ、わらいました。そのあとで、まわりをきょろきょろみました。また、うなづきました。口もとからひとすじ、つーっと。なんだ、あれは。よ・だ・れ。うわーっ、パパ、よだれでてるー。あ、またまわりをきょろきょろして、れいぞうこに目がとまった。そこまであるけるのかな。あるいた。あるいた、というより、はっている。はって、はって、れいぞうこにたどりつく。でも、そこで力つきて、ずずずーつと。ねてしまいました。

 <先生から> よく「かんさつ」ができました。こんど先生にもその本かしてください。
  
(2009/07/12 投稿)
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/255-acd83d2e