プレゼント 書評こぼれ話

  昨日倉本聰さんのシナリオ本を
  紹介しましたが
  今日は山田太一さんの
  シナリオ『ナイフの行方』です。
  山田太一さんといえば倉本聰さん以上に
  人気の高いシナリオ作家です。
  代表作はNHKで放映した「男たちの旅路」。
  こちらも今日本映画専門チャンネル
  放映されています。
  小説『異人たちの夏』を書いた作家でも
  あります。
  このシナリオのドラマは
  残念ながら観ていませんが
  いいシナリオは
  読むだけで
  映像が浮かんできます。
  ちょっとまた
  追いかけたい作家です。

  じゃあ、読もう。


sai.wingpen  山田太一の、ひとつの答え                   

 これは2014年12月に、2夜連続でNHK総合テレビで放映されたテレビドラマのシナリオ。
 いま、このようにシナリオだけ一冊の本になる作家はほとんどいないのではないかしら。山田太一はそういう点でも、稀有なシナリオライターといえる。
 主となるシナリオのほかに、このドラマのプロデユーサーだった近藤晋による「回想シーンがまったくない“傑作”」と山田太一へのロングインタビュー「正義がどこにあるのか、分からない時代に」が収められている。

 ドラマは、かつて青年海外協力隊の経験がある拓自という老人が自暴自棄になって自分にナイフを突きつけてきた青年次男と生活をともにすることで自身が経験した惨たらしい内乱の様と向き合い、生きることの意味、正義のありようをみつめる物語である。
 近藤はこの作品のすばらしい点は「回想シーンがまったくない」ことだと書いているが、セリフだけで拓自という老人が経験したことを再現しているのだから、確かに最近のドラマでは珍しいかもしれない。
 その分、そのシーンでの拓自のセリフは長くなっている。ドラマではこの役を松本幸四郎が演じたらしいが、これだけのセリフをしゃべれる役者も少なくなっているともいえる。

 近藤の山田作品への評で「いつも凛として、人間を追っている」と表現している。
 このドラマでいえば、拓自という主人公がまさにそうだ。青年次男に何かを教えるでもなく、かつて自身が見た何かに憑りつかれて命を捨てていった若者と次男を重ね、静かに次男を変化させていく。
 いまどきそんな人間がいるのかわからないが、きっと山田太一の中では、変わることのない人間像なのだと思う。

 また近藤はこうも書いている。
 「大事なのは、「自分が存在するこの時代」に「どう生きるか」」、それを山田太一は一貫して描いてきたのだと。
 それは、山田太一へのロングインタビューのタイトルと呼応しあう。
 まさに私たちは「正義がどこにあるのか、分からない時代に」、ナイフと向かいあっているのかもしれない。
 そして、この作品は山田太一の、ひとつの答えでもある。
  
(2015/08/27 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2556-aa3c636e