プレゼント 書評こぼれ話

  今日は体育の日

    体育の日を耳立てて兎たち   辻田 克巳

  お休みの人も多いでしょうね。
  20151009_173402_convert_20151009174218.jpg
  毎週月曜の「わたしの菜園日記」を
  楽しみにしてくださっている
  皆さんには申し訳ありませんが
  今日これから畑に行きますので
  「わたしの菜園日記」は明日に。
  そこで、今日は
  おおにしひろみさんの
  『おばあちゃんのはたけ』という絵本を
  紹介します。
  実はこの絵本、
  先週紹介した『あっちゃんのはたけ』の
  前作にあたります。
  なんといっても
  おばあちゃんがかわいい。
  あっちゃんもかわいかったですが。
  なかなか新しい絵本として
  手にいれるのが難しいようで
  表紙画がなかったので
  裏表紙の見返しの
  おばあちゃんの絵をいれておきます。
  ね、かわいいおばあちゃんでしょ。
  では、これから
  畑に行ってきます。
  ダイコン はどこまで大きくなっているでしょうか。
  明日の「わたしの菜園日記」を
  お楽しみに。

  じゃあ、読もう。

sai.wingpen  絵本はたねまき                   

 毎日たくさんの本が出版されています。全部を読むことは到底できません。きっと大切な本も読まれないままどこかの本棚にしまわれているのでしょう。
 絵本の世界でも同じです。子ども時代に読んだ絵本はほんのわずか。子どもが生まれて、娘たちと読んだ絵本もあるけれど、それでも読まれなかった絵本はたくさんあります。
 この絵本もそんな一冊です。
 1989年に出版されています。ちょうど娘たちが小さかった頃の絵本ですが、読んであげられませんでした。
 でも、こうして、初めて出会えることができました。

 きっかけはこの絵本のあとに出た『あっちゃんのはたけ』を読んだことです。
 春から小さな菜園を始めて、「はたけ」という言葉に魅かれて、手にしたのが『あっちゃんのはたけ』でした。野菜嫌いのあっちゃんがおばあちゃんの畑を手伝うことで、野菜が大好きになるというお話。
 そのお話にはどうしておばあちゃんが畑をつくるようになったのかというもっと前のお話があったのです。それが、この絵本です。

 土いじりが大好きなおばあちゃん。けれど、家にはそんな場所がありません。
 ある時、ものほしだいの向こうに何も手入れされていない土手を見つけます。
 ここをなんとかできないものか。おばあちゃんは土手にはしごをかけて、耕しはじめるのです。
 なんというおばあちゃんパワーでしょ。
 水を運ぶのも肥料を運ぶのも大変です。でも、おばあちゃんはなんとか苗を植えて種もまきます。
 ところが、ある日おばあちゃんははしごから落ちてしまいます。
 さあ、おばあちゃんのはたけはどうなってしまうのでしょう。

 作者のおおしひろみさんは1954年生まれ。ちょうど私と同世代。
 とてもかわいらしい絵を描いてくれます。
 おばあちゃんの表情はどうでしょう。とてもやさしそうで、それでいてしっかりもの。
 こんなおばあちゃんに育てられた野菜たちはどんなに美味しいでしょう。
 ぜひ、『あっちゃんのはたけ』と一緒に読んであげて下さい。
 おいしい野菜を食べたあとのように、幸せな気分になります。
  
(2015/10/12 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス

Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2606-1a3b052d