プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  書評サイト「本が好き!」から献本頂いた
  中原かおりさんの『海からの詩』という
  詩集を紹介します。
  湘南のラジオ局で紹介された詩をあつめた一冊です。
  湘南といえば夏のイメージですね。
  先日TVを見ていると
  夏にぴったりの歌手はというアンケート結果をしていて
  TUBEが第2位でした。
  1位はサザンオールスターズ
  やっぱりそうですよね。
  サザンの曲は
  湘南や江の島の海にぴったりですものね。
  それにしても
  海って、特に夏の海って
  人を解放的にしてくれます。
  その一方で
  秋の海は物思いにふけさせてくれます。
  沈み夕日に
  「バカヤロー」って叫んだ青年って
  本当にいたんだろうか。

  じゃあ、読もう。



sai.wingpen  誰もいない海                   

 「今はもう秋 誰もいない海/知らん顔して 人が行き過ぎても」、1970年発表されたトワ・エ・モワの楽曲「誰もいない海」の冒頭部分だ。歌詞は山口洋子。
 秋になると、ふと口ずさんでいたりする。
 海は夏がいいけれど、この歌のように秋に秋の風情があって、春にも冬にもそれぞれ表情がある。
 津波や高潮のような災害を生みだすことはあっても、周囲を海に囲まれたこの国では海との共存はさけて通れない。
 もっと地域を限定すれば、水産に重点を置く港町もあれば、貿易港として栄える街もある。
 湘南の海はけれども少し趣きが違うような気がする。
 若者で賑わう顔もありながら、「誰もいない海」が似合う海。

 湘南ビーチFMというラジオ局がある。実際に聴いたことがないので、どのあたりまで電波がはいるのかわからないが、その局の番組で流れたのが、この詩集に集められた詩だという。
 「あとがき」によれば、このラジオ局は開局して21年という。湘南では人気が高いのだろう。
 そんな局から、ここに収められた詩が流れてくるなんて、素敵じゃないか。
 海の風、潮の香り、そしてラジオから詩。
 やっぱり湘南はおしゃれだ。

 冒頭の詩「海の町」にこんな一節がある。
 「この町は/寒い時でもなぜか温かい/海も空も風も町も青/つかれた心を包んでくれる色だ」。
 きっと夏のひととき、湘南の海で遊んでもわからない、住んでいる人ならではの感想だろう。
 それでいて、これらの詩はひととき海に遊び人たちを排除したりしない。
 「夏を待ちこがれて/もう今から/あらゆるものが/いたる所で/スイングしている」、「スイング」と題された詩の一節。そう、湘南の海はスイングしながら、やってくる人たちを待っているのだ。

 この詩集は、湘南の「誰もいない海」に合っている。
 そういえば、「秋の海」と題された詩が最後にある。
 「この夏も/よく働き/よく満たされた/この腕の中で/たくさんの/人々を遊ばせて 夏の記憶に/海は/ふっと目を細める」
 ちょっと感傷的になる。
  
(2015/10/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2612-d9122007