冷たい雨になった
 先日の日曜日(11月8日)、
 雨の有楽町に行ってきました。
 「第10回FRK(これは不動産流通経営協会の略)住まいと暮らしのセミナー」の
 特別講演を聴くためです。
 このセミナー、今年の3月に行われた
 脚本家の中園ミホさんの講演会にも
 行きました。

   前回の講演記録はこちらから。

 今回は作家の林真理子さんの講演
 その前に腹ごしらえ。
 銀座で人気のラーメン屋ということで探した
 「朧月」というラーメン屋で
 つけ麺を食べました。

  20151108_123219_convert_20151108200800.jpg

 小さなお店ですが行列が絶えない名店。
 銀座の泰明小学校のそばにあります。

 お腹もいっぱいになったところで
 会場の朝日ホールへ。
 さすがに会場いっぱいの人です。
 みんな雨なのにえらいなぁ。
 第1部は「家を買う前に考えたい、既存住宅&リノベーション」。
 まあ、これは主催者がそういう団体ですから
 仕方ありません。
 で、第2部が林真理子さんの特別講演
 お題は「小説を書く時間」。
 林真理子さんの登場です。
 そうそう、今皆さんが想像した通りの
 林真理子さんです。

 まずは白蓮さんの話から。
 うーむ。小説でいえばいい書き出し。
 最初から身体が乗り出してしまいました。
 林真理子さんは柳原白蓮を描いた『白蓮れんれん』という
 作品を書いています。
 そう、NHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」で
 仲間由紀恵さんが演じた蓮子さんのモデル。
 おかげで本が売れたという話から
 作家というのは
 本が売れなくなって大変だという話へ。
 さらには友だちの大胆な生活から
 その友だちをモデルにして書いた
 『中島ハルコの恋愛相談室』、
 さらには新聞小説だった『マイストーリー 私の物語』から
 自身のお母さんの話へと、
 さらには次の新作の話。
 おいおい、「小説を書く時間」という講演のテーマは
 どうなっちゃったんだい。
 それでも話が面白いから
 あっという間の1時間。
 さすがエンタメ系直木賞作家。
 いやあ、貫録です。

 講演が終わっても
 まだ雨は降っていましたが
 気分はとってもすっきり。
 面白かった。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2636-4cc1a39a