プレゼント 書評こぼれ話

  おかげさまで
  私のこのブログも
  今日で
  丸7年を迎えました。
  ブログを始めたのが
  2008年の12月4日。
  今日から8年めの新しい朝です。
  そんな日にぴったりの本を
  今日は紹介します。
  ひすいこたろうさんの
  『朝にキク言葉』。
  この本はJPIC読書アドバイザー養成講座
  受講生の一人がすすめてくださった本。
  本はそうやって偶然のようにして
  つながっているのでしょうね。
  この本の表紙見返しの言葉がいいですよ。

    さあ、新しい朝を始めよう。

  なんだか
  今日の私の気分そのもの。
  これからも
  素敵な本を紹介できたら
  どんなにいいでしょう。
  いい本と出合えることを願って。

  これからも応援よろしくお願いします。 

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  新しい朝が来た                   

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」が好調だ。
 朝ドラとよばれるシリーズの第1作めは昭和36年の「娘と私」。そこから数えて93作めと「あさが来た」であるが、題名に「あさ」がつくのは初めてである。
 朝ドラ、「あさが来た」、それに主人公の名前が「あさ」。あまりの「あさ」づくしにベタな感じがしないでもないが、これこそ朝ドラにぴったりのドラマのような感じがしている。
 せっかく朝いちばんに見るドラマなのだから、元気をもらえるようなものがいい。
 「あさが来た」にはそんな明るさを感じる。

 朝はいつも新しい。昨日と同じ朝なんてない。
 コピーライターでもあり漢字セラピストでもある著者が「とびっきり新鮮な朝のコトバをご用意」したのが、この本だ。数ページ読むだけで、いい朝を迎えられそうになる。
 「朝」という漢字を分解すると、「十月十日(とつきとおか)」になるそうだ。母親のおなかの中で成長する期間のこと。その漢字の横に著者は「朝が来るたびに僕らは生まれ変わっている」と添え書きしている。
 毎朝私ちは生まれ変わっているのだ。いくら昨日の夜に嫌なことがあっても、この日の朝は新しいのだ。著者の気持ちがやさしい。

 この本の中には60の言葉が紹介されている。インドの聖典の「すべての知恵は朝とともに目覚める」みたいなありがたい言葉もあれば著者の息子さんが言ったという「ワリワリは宇宙人だ」なんていう言葉もある。息子さんの言葉はさすがに説明がいるが、それは本書を読んでもらうしかない。
 そんな名言のあとに著者のエッセイがあって、最後には「今日の目覚ましサプリ」なる著者の決めの一言がついている。
 例えば、こうだ。「「今日はいい日だ」。1日10回はつぶやこう。」
 あまりにもベタすぎて嫌だという人もいるかもしれないが、いいではないか、せっかく新しい朝を迎えたのだとしたら、新しい何かをやってみてもいい。

 「あさが来た」の主題歌もいい。作詞は秋元康さんだ。
 「朝の空を見上げて 今日という一日が/笑顔でいられるように そっとお願いした・・・」
 そこで私もひすいこたろうさんに倣って「今日の目覚ましサプリ」を最後に。
 「朝目が覚めたら、「あさが来た」の主題歌を聴いて元気になろう」
  
(2015/12/04 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2665-047d5071