去年の春に
 仕事を辞めてから
 家の購読新聞を日本経済新聞に替えて
 初めての元旦。
 元旦の新聞に各出版社の大きな広告を
 楽しみにしていたので
 やはり日本経済新聞では物足りなくて
 コンビニまで
 新聞を買いに行ってきました。
 ここはやっぱり朝日新聞
 やっぱり出版社の力の入れ方が違います。

 今年の元旦の新聞で
 目をひいたのが岩波書店の広告。

  CIMG0920_convert_20160101145222.jpg

 ドーンと、夏目漱石
 さすが岩波書店
 今年の12月9日は夏目漱石の没後100年ということで
 岩波書店の気合が違いますね。
 元旦から読書欲が急上昇しました。
 夏目漱石の再読挑戦だ 

 つづいて、
 びっくりぽんの全面広告がこちら。

  CIMG0922_convert_20160101145302.jpg

 小学館のコミック誌の広告。
 さすがドラえもんの小学館
 この広告のリード文もいい。

   もしあなたが、何かにつまずいたとき、
   見方を変えてみれば、どうにかなる。
   (中略)
   いつもうまくいくだけが、人生じゃない。
   うまくいかないこともあるから、おもしろい。

 コミックから教えられることもたくさんあります。

 つづいては
 創立90年になる集英社

   読書は、平和を守る。

 大きくでました。
 この集英社の広告、
 日本経済新聞にも全面広告が出ていて
 コピーは同じですが、
 写真がちがう。リード文もちがう。
 左が朝日新聞、右が日本経済新聞

  CIMG0921_convert_20160101145335.jpg  CIMG0923_convert_20160101145408.jpg

 女性向けに発信された日本経済新聞の方が
 気に入りました。
 ともに、こうあります。

   伝えるって、たいせつ。

 そう、この気持ちを忘れずに発信しつづけていれば
 出版不況も乗り越えられる・・・かも。

 講談社はラグビーの五郎丸さんを起用した全面広告。
 キャッチコピーは

  元旦は、新しい本を読もう。

 文藝春秋は話題作の紹介、
 新潮社塩野七生さんの新作『ギリシャ人の物語』を紹介、
 ちょっと見劣りします。
 今年はやっぱり集英社がダントツ、
 気合いがはいっているように
 見えました。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2699-60bc8448