プレゼント 書評こぼれ話

  今日は大寒
  一年でも最も寒い日。

    大寒の残る夕日を市の中     石橋 秀野

  今日紹介する
  安東みきえさんの
  『頭のうちどころが悪かった熊の話』は
  書評にも書きましたが
  『小泉今日子書評集』で見つけた一冊です。
  書評とはこういう素敵な本と出合える
  きっかけを作ってくれるのですね。
  小泉今日子さんはこの本を
  そのあと何人もの誕生日プレゼントに
  されたそうです。
  さすが、小泉今日子さん。
  センスが違います。
  本って贈り物には最適ですね。
  こういう気持ちを贈ります、みたいなことって
  なかなか伝えられないけど
  それを一冊の本に託す。
  音楽の贈り物なんかもいいですよね。
  でも、この本のことは全然知らなかったなぁ。
  やっぱり、私も
  頭のうちどころが悪かったのかもしれません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  あなたが何歳であったとしても                   

 この本のことは、小泉今日子さんが読売新聞に掲載した書評を集めた『小泉今日子書評集』で初めて知りました。
2007年に理論社から単行本で出て、今では新潮文庫に収められていますから、たくさんの愛読者がいる一冊になっています。
この本のことを小泉さんは「何冊も買っていろんな人のお誕生プレゼントにしました」と書いていました。
なんとも不思議なタイトルの本を誕生日プレゼントにもらった人は、一瞬きょとんとなるかもしれません。でも、せっかくもらったのだからと、読んでみて、初めて贈ってくれた人のあたたかさがわかるのではないかと思います。
だから、もし、この本を誕生日プレゼントでもらったら、とっても大切にされていると思って下さい。

小泉さんは、また、こんなことも書いています。
「子供の頃にこの物語を読んだら私は何を感じ、何を考えたのか知りたくなった。」
それは少し違う気がします。多分、この本にはいっている話は子供だけでなく、十代でも二十代でも感じ方が違うと思います。結婚して(しなくてもいいのですが)子供が出来て読むとしたら、ハードな仕事を任された時に読んだとしたら、定年になって仕事を辞めたときに読んだ時も、また違った読み方になるような気がします。
私が読んでみたいと思うのは、もう間もなく命の灯が尽きようとしているその数時間で、この本を読んだら、「何を感じ、何を考えたのか知りたくなった」です。

この本には7篇の動物寓話が収められています。
私が好きなのは、「ないものねだりのカラス」。この話はみんなに嫌われていたカラスがシラサギと友だちになって温かな気持ちになる話。
こんな素敵な文章があります。「ただのにぎやかなだけのおしゃべりは、心からの言葉とは違う」。
この文章に出会っただけでも、この本を読んだ値打ちがあったような気持ちがします。
でも、きっともっと若い時に読んでいたら、別の作品がお気に入りになったかもしれません。そのことがわからない。それがとっても残念で仕方がありません。
  
(2016/01/21 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2704-678987a4