この土日、
 東京は一気に春めいて
 温度も5月上旬並みにまであがりました。
 各地の梅の便りも
 これですっかり綻んだことでしょう。

    近づけば向きあちこちや梅の花      三橋 敏雄

 古来、花といえば桜ではなく梅でしたから
 梅をめでる習慣も風流。
 写真は東京湯島の湯島聖堂の紅梅と白梅。

  20160213_135427_convert_20160214160327.jpg

    白梅に枝からめおり紅き梅         夏の雨

 日曜(2月14日)の菜園も
 ぽかぽか陽気。
 せっかくなので
 菜園で見つけた春の気配を
 紹介します。

  CIMG0977_convert_20160214160114.jpg

 浅葱(アサツキ)の新芽です。
 暖冬とはいえ
 霜が降りたり
 雪が降ったり
 そんな中を土の中で春が来るのを
 待ちわびていたのでしょうね。
 こういう姿を見ると
 春が来るのが
 楽しみです。

 ホウレンソウコマツナなどの葉物野菜を植えた畝も
 ごらんのとおり、

  CIMG0978_convert_20160214160156.jpg

 あと数週間で収穫ができそうです。
 これから気温がぐんぐん上がってくれば
 成長も早いのではないでしょうか。

 久しぶりに
 収穫の様子もごらんください。
 茎ブロッコリーです。

  CIMG0981_convert_20160214160238.jpg

 この日は今まで以上に採れました。

 今わたしの菜園では
 契約更新の時期にはいっていて
 やはり何人かの人は
 辞めてしまうようです。
 中には、会えば話が弾む人もいたりして
 残念で仕方ありません。
 一年という期間
 野菜の世話をするというのも
 大変なんですよね。
 春からどんな新しい人が
 やってくるのか。

 行く風も
     来る風も
       それも春。

 
  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2738-703c5653