プレゼント 書評こぼれ話

  NHK朝の連続テレビ小説あさが来た」が
  面白かった理由のひとつは
  その時代背景にもあったのではないだろうか。
  時代は江戸末期、
  いわゆる幕末から明治維新の嵐の中で
  あさの嫁ぎ先である両替屋の商いも
  変革をせざるを得なかった。
  その向かい風に昂然と向かっていったのが
  あさだった。
  幕末から明治にかけての歴史は
  とても面白い。
  そして、あさのモデルとなった
  広岡浅子だけでなく
  実に多くの有名無名の人たちが
  生き生きと生きていた時代といえる。
  葉室麟さんの『神剣』の主人公は
  幕末「人斬り彦斎」と怖れられて
  河上彦斎(げんさい)
  尊王攘夷の熱情に駆られて
  死ぬまで純粋に生きた男。
  面白くないはずがない。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  時代を駆け抜ける男                   

 最近の漫画事情に詳しい人なら葉室麟のこの作品の主人公河上彦斎(げんさい)が、人気漫画「るろうの剣心」の主人公のモデルだということをきっと知っているだろう。
 幕末の混乱期、「人斬り」と呼ばれた人物が四人いた。
 薩摩の田中新兵衛、中村半次郎(のちの桐野利秋)、土佐の岡田以蔵、そしてこの物語の主人公である肥後の河上彦斎である。
 この内、明治維新後まで生きたのは半次郎と彦斎であるが、半次郎は西南戦争で、また彦斎は謀反を疑われて斬首された。
 尊王攘夷の熱き思想が彼らを「人斬り」へと駆り立て、道半ばで命を捨てたもの、また彦斎のように攘夷を捨てた新政権に怒りを持ち続けたものとさまざまだが、彼らは時代にあまりにも純粋すぎたのかもしれない。

 この物語にも描かれているが、彦斎は佐久間象山を暗殺した人物として名を残した。しかし、結局は象山の予想した通り新政府は攘夷などできなかったわけで、その意味で彦斎の為したことは何であったかと自身も考えたに違いない。
 しかし、それは歴史というものを結果という視点で見るから言えることで、進行形のあの場であれば攘夷を唱えるものとすれば彦斎の剣は否定できなかっただろう。

 葉室麟の作品としてみれば、耐える男とそれに寄り添う女といった抒情性がこの作品においては少ない点を物足りないという人はいるかもしれない。
 彦斎に心を寄せる由依という女人との絡みが唯一それに類するが、残念ながら彦斎の剣がそれすら寄せつけなかったといえる。 読者としては彦斎と由依との情の交わりをもう少し見てみたかったともいえるのだが。

 だからといって、この作品が面白くなかった訳ではない。むしろ、一直線に時代の渦に剣ひとつで突き進む彦斎の姿は生き生きとして面白かった。もちろん幕末という時代そのものの面白さもあるだろうし、そこに生きる多彩な人々の熱情が面白いから、この時代を描けばそれなりに面白く出来上がる。
 それでも葉室麟の筆はそれ以上に彦斎という男を、彦斎が生きた時代を巧みに描いていることは間違いない。
  
(2016/04/09 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2786-cad37fea