プレゼント 書評こぼれ話

  大型連休も終わって
  あくびをかみ殺して
  仕事に復帰という人も多いでしょうね。
  その点、仕事を終えて私のようなものは
  これでもいつもの日常が戻ってくると
  ほっとしている感じでもあります。
  4月から新しい年度にはいって
  ひと月で大型連休。
  これでリズムがおかしくなる人もいるでしょうから
  もう一度生活のリズムを
  組み立て直すことも必要です。
  今日は外山滋比古さんの
  『知的生活習慣』という本を紹介しますが
  私はとっても刺激的でした。
  この中で
  外山滋比古さんは図書館の利用について
  こんな風に書いています。

     図書館は、私にとって、本を借りて読むところではなく、
     主として、執筆の書斎代用として役立っている。

  これなども参考になると
  思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  こういう生活にあこがれていました                   

 『思考の整理術』で有名な外山滋比古さんは1923年生まれだから90歳を超えている。それでもまだ旺盛な執筆活動をされているのだから、頭がさがる。
 この本は人生を豊かにする「知的生活習慣」のあれこれを綴ってエッセイである。
 読んでいて教えられることが多い。
 外山さんは、「生活はもともと個性的なもので、ひとの真似はできない。こういうのがいいとすすめることは考えていない。ささやかな例として参考になれば」と謙虚である。
 けれど、実に参考になる。

 そもそも「知的生活習慣」とは体の生活習慣と対峙する、心の生活習慣のことだという。
 「よい知的生活習慣を身につければ精神的活力の源になって、人生を豊かにすることができる」というのだから、いいではないか。
 「生活を大事にする」という項に定年退職後の姿が「それまでの仕事がなくなると、なにもすることがない。(中略)それまで、仕事が生活であるから、仕事がなくなれば生活がなくなったも同然」と書かれている。
 なるほど。確かにそうで、仕事をしてきた男性はそれ以外の生活をしてこなかったせいで、定年後行く場をもたず、色々な場面で生活をきちんと維持してきた女性は年をとっても生き生きとしているのであろう。
 それを踏まえ、「知識と生活の手を結ばせることができれば、これまでの生き方と違った人生が可能になる」と、外山さんはいう。

 その方法として、「日記をつける」「計画を立てる」「図書館の利用」「辞書を読む」「仲間をつくる」といった項目で、特に第一章の中でまとめられている。
 外山さんは「予定表をつくる」ことを勧めている。日々だけでなく、月間もそうだ。
 「なんにもない日が続くのはおもしろくない。いかにも無為のような気がする」とは外山さんの弁だが、具体的に掲載されている日々の予定には昼寝であったりちょっとしたTVであったりもある。それすら今日やるべきことのひとつとしてあげておけば、目標に向かう感じがあっていい。

 高齢化社会になって、今まで以上の「知的生活習慣」が求められるに違いない。
  
(2016/05/06 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2816-4865b425