今週の月曜の「わたしの菜園日記」で
 小玉スイカのことを
 書きました。
 親ヅルを摘心して
 子ヅルを育てていくと。
 NHKEテレの
 「やさいの時間」6月号(NHK出版・669円)に
 まさにぴったり
 「夏野菜の大スター! 小玉スイカ」の記事が
 載っているではないですか。

  

 実はこの号では
 サツマイモの特集なんですが
 私の目は
 小玉スイカにいきっぱなし。
 しかも、6月5日の日曜には
 放送もあるのです。
 ただ残念なのは
 放送では「地這い栽培」を取り上げるようで
 わたしの菜園では
 「立体栽培」なので少し違います。

 もっとも親ヅルの摘心
 子ヅルの整枝の方法は載っています。
 それにこれは肝心なことなのですが
 確実に実をつけさせるためには
 人工授粉を行うとあります。
 しかも、晴天の日の午前9時ごろまでに行うと
 あります。
 なんともデリケート。
 さらに収穫のタイミングがありますから
 授粉させた日付を
 記しておきなさいと。
 うーん、ここまできたら
 なんだか少子化対策のようなもの。
 しかもスイカの世界は厳しくて
 1本の子ヅルに複数の実がついたとしても
 形のいいものを1個残して
 あとは小さい時に切り取ってしまいなさいとある。
 厳しいなあ、スイカの世界。
 大器晩成型などないんですね。
 ダメな子ほどかわいいなんて
 言っていられない。
 この夏
 心を鬼にして
 優秀な子ども(スイカですが)だけを
 育てます。

 わたしの菜園では
 子ヅルを3本残します。
 つまり収穫は3本。
 そのうち、2本のツルは決めたのですが
 あと1本は思案中。
 でも、そろそろ決めないと
 成長に支障がでるかも。
 うーん、放送日まで
 待っていられない。
 しかも、スイカは過湿を嫌うのだとか。
 梅雨入りしたら
 どうしよう。

 私の心配は
 どんどん増すばかり。
 この夏は小玉スイカとともに
 眠られない夜を過ごしそう。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2840-63e7161c