プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する
  長田弘さんの『小さな本の大きな世界』は
  クレヨンハウスから出版されています。
  その東京・青山にある
  児童書専門店の、あのクレヨンハウス
  挿絵は酒井駒子さん。
  長田弘さんに酒井駒子さん、
  それにクレヨンハウスですから
  まさに最強トリオ。
  悪い本であるはずがありません。
  この本は寝る前に少しずつ
  読んでいきました。
  寝る前の小さな贅沢。
  それでふと思ったのですが
  おとなが絵本を読む時間も
  そのあたりがいいかも。
  いい夢を見れそうではないですか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ぬきさしならない言葉にあふれた本                   

 子どもにとって絵本や物語はどんな意味をもつのか。
 この本の中で長田弘さんは明確にこう記しています。「世界のつくり方の秘密を子どもたちに伝える、方法としての本」だと。
 「世界のつくり方」という獏とした言葉に強い意志を痛感します。
 この世界に生まれてきた子どもは、すでにある世界を生きるのではなく、自分の世界をつくっていく。それはいうならば個性です。
絵本や物語をそのことを伝えてくれている。
 では、おとなにとってはどうなのでしょう。やはり同じことかもしれません。常に新しい世界をつくっていく、その方法の一つとして、私たちは本を読んでいるのです。

 この本は2015年5月に亡くなった詩人の長田弘さんが絵本について綴ったエッセイをまとめたものです。それに酒井駒子さんがすてきな挿絵をつけています。
 日本の絵本も紹介されていますが、海外の絵本の方が多いかもしれません。読書ガイドとして読むのもいいと思います。
 それ以上に読書論あるいは絵本論として、長田さんの言葉の一つひとつが心に響いてきます。
 いくつか紹介します。
 「絵本は、本を読みたい大人にとっても最良の本」。
 「読書とはー本の空白のページに、言葉がまるで魔法のようにあらわれてくること」。
 「本というのは、場所なのです。あるとき、じぶんにとってのぬきさしならない言葉に、思わずでくわしてしまう場所のこと」。

 特に最後の文章はこの本にぴったりです。
 この本の中には「ぬきさしならない言葉」がたくさんひそんでいます。「思わずでくわす」どころか、ここにも、そこにも、あそこにも、と見つけることができる「場所」です。
 それには「ぬきさしならない」ものを持っていることが肝心かもしれません。
 何かを発見する時には、見つけたい何かを持っていることが大事だと思います。
 特に絵本については、おとなでもたくさんの発見があります。そのことを長田さんはこの本の中でたくさん教えてくれています。

 長田弘さんはもういません。
 けれど、長田さんが残してくれたさまざまな詩やエッセイ、そしてこの本のように絵本についての文章はこれからも残り続けると思います。
  
(2016/06/04 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2848-fa44ff0f