プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する絵本
  『タケノコごはん』の作者は
  映画監督の大島渚さん。
  映画監督の、って言っても
  若い人たちには
  大島渚さんの映画を観る機会は
  ほとんどないかもしれません。
  私たち昭和世代にとって
  大島渚さんは
  若い日本映画の旗手的存在でした。
  「少年」「絞首刑」「愛のコリーダ」といった
  名作がたちどころに口に出る
  そんな映画監督です。
  この絵本は
  そんな大島渚さんの思い出が
  原型です。
  伊藤秀男さんの迫力ある絵とともに
  しっかり読んでもらいたい、
  そんな作品です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  しょっぱい、タケノコごはん                   

 この絵本の文を担当しているのは、「戦場のメリークリスマス」などを撮った映画監督の大島渚さん。残念ながら2013年に永眠されています。
 その大島さんの絵本が2015年に出版されたのには理由があります。
 この作品は大島さんの息子武さんが小学3年の時に出された宿題、お父さんかお母さんのこども時代の思い出を作文にして提出から生まれたものなのです。
 小学3年生の息子が読んでも感動する作品、戦争の時代を少年期に過ごした大島さんが子ども世代に残したいという思いが伝わってくる作品。
 きっと大島さんの中にはいつまでもこの頃のことが心に残っていたのだと思います。

 物語の舞台は中国の戦争から米国を相手に戦火が拡大していった時期。
 大島さんのクラスに「さかいくん」というわんぱく少年がいました。わんぱくというのは乱暴者ということではありません。気の弱い大島少年を助けてくれたりします。
 さかい君のお父さんは軍人でしたが戦争で亡くなってしまいます。そのことがどんなにさかい君の心を傷つけたことでしょう。

 大島さんが5年生の時には戦争に行った前の担任の先生も戦死します。
 そして、やさしい先生も兵隊にとられていきます。その最後の日曜日、大島さんやさかい君は先生の家に行って別れを告げます。
 その時に出されたのが「タケノコごはん」でした。
 涙ながらにタケノコごはんを食べながら、さかい君は大きな声でこう言います。
 「先生、戦争なんかいくなよっ」。
 大島さんが私たちに残してくれた、熱いメッセージです。

 伊藤秀男さんの絵が大島さんの思いを強く伝えてくれています。
  
(2016/06/26 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2870-d9f68d36