プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介するのは
  林真理子さんの『マイストーリー 私の物語』。
  この本は以前林真理子さんの講演を聴いた時に
  この作品の話になって
  これは面白そう、読みたいと
  思った一冊です。
  前半は期待通りの自費出版にまつわる話で
  面白かったのですが
  後半はどうもいただけなかった。
  長い物語で
  しかも新聞小説ですから
  毎日読者の読む気を誘わないといけないので
  こういう展開もありかもしれませんが
  私はもうひとつ感心しませんでした。
  ただ林真理子さんは
  物語をつくるのが
  とてもうまい作家だということがよくわかります。
  講演も面白かったですし。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  書かせる欲求                   

 少し前に市民向けの文章講座を受講したことがある。
 定員40名のところがそれ以上の応募があったという。参加してみると、開講日が平日ということもあってか受講生の多くがシニア層だった。
 物語を書きたいと思っている人がこんなにもいるのかと驚かされた。
 林真理子が朝日新聞に2014年5月から翌年3月まで連載したこの新聞小説も、自分のことを書きたいと思っている人たちの物語だ。
 大手出版社が刊行する出版物にのることのないそういう人たちの熱望の受け皿として自費出版がある。自分でお金を出してでも形として残るものを出版したい。
 その気持ちは痛い程わかる。だから、この物語は興味をひく。

 物語の主人公は自費出版専門の会社に勤める太田恭一。50歳目前の彼は「あなた自身でご自分の人生を書いてみませんか」とセールストークを繰り返している。
 そこに現れる有名女性作家の母親。母親の出版にあわせて母親と娘の確執まで浮彫になる。
 さらに自費出版界を革新しようと大手出版社のはみ出し者辺見が現われ、太田の仕事に対するスタンスに微妙になっていく。
 こういう世界でこの長い物語を創ることは可能であっただろうが、物語の中核をなすのは亡くなった夫の本を出したいという由貴という女性の話だ。
 いつの間にか物語は彼女をめぐる色恋物語に変わっていくし、太田とのセックス描写もこの作品でどこまで必要であったのかわからない。
 もちろん、この作品は林真理子の「私の物語」だから読者がとやかくいうことではない。
 ただ惜しい。
  
(2016/06/29 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2873-d80e3b16