プレゼント 書評こぼれ話

  わたしの菜園では
  今年初めてスイカの栽培をしました。
  さすがに小さな菜園ですから
  大玉スイカというわけにはいきません。
  小玉スイカです。
  一つの苗で三つできれば上出来と言われました。
  いまのところ、
  一つはできました。
  おいしかった。
  そして、近々二個めを収穫しようと思っています。
  あと大きくなっているのが三個ほどありますが
  味はどうでしょうか。
  そんな時に見つけた絵本、
  『すいか!』。
  石津ちひろさんが文、村上康成さんが絵を
  書いています。
  村上康成さんのスイカの絵が
  とてもおいしそうなんです。
  たまりません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  すいかは野菜? 果物?                   

 野菜と果物の違いって何だろう?
 この絵本でおいしそうにすいかを食べている子どもたちを見ているうちに、すいかって果物? なんて思ってしまった。
 その答えは農林水産省のホームページに書かれていた。
 すごいな。野菜と果物の違いって国家的機密だったのだ。(大げさな)

 それによると、「はっきりした定義はありません」とあります。
 思わず、ガクッとなりました。
 それでも、「生産分野では次の特性を持つ植物が野菜」ということです。
 「田畑で栽培されていること」「副食物であること」「加工を前提としないこと」「草本性であること」。
 うーん、よくわかりません。
 結論からいうと、すいかは野菜です。もっとちゃんというと、果実的野菜というらしい。
 同じようなものとして、メロンとかいちごがあります。

 八百屋さんや果物屋さんで見かけるすいかやメロンですが、どのように作られているかわかれば解決します。
 この絵本の最初にこう書かれています。
 「すっきりはれたよ/いそいではたけへ/かけつけろ」
 ね、すいかは畑で作られているのです。つまり、先にあげた特性の「田畑で栽培されていること」に当てはまります。

 この絵本ではすいか畑の様子も描かれています。
 まるで雲の中にいるように一面緑の葉の中に縞のついたすいかが浮かんでいます。
 大げさと思うかもしれませんが、実際すいかのつるはどんどん伸びますし、葉も生い茂ります。
 こういう栽培の姿を知っているとおいしさもちがってきます。
 この絵本を読んだら、きっとすいかが食べたくなること、間違いありません。
  
(2016/07/31 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2910-8d90b7e7