プレゼント 書評こぼれ話

  今年のNHK大河ドラマ真田丸」は面白い。
  ここまでのところ、
  一回の見落としもない。
  時に豊臣秀吉が登場してからの「大坂編」が
  めっぽういい。
  なんといっても
  山本耕史さんの石田三成がいい。
  本当に石田三成って
  こういう人だったのではないか。
  そんなこんなで
  今日紹介する
  葉室麟さんの『津軽双花』を楽しく読んだ。
  石田三成に息子さんとか娘さんとかがいた、
  しかも東北の名門津軽藩とのつながりがあったなんて
  壮大な歴史を感じます。
  「真田丸」はいよいよ
  関ケ原決戦が近づいています。
  興味しんしん、です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  小説より奇なり                   

 歴史小説と時代小説は似ているようで、文学的には大きな違いがある。
 歴史小説が実際に歴史上存在した人物や事件を表す一方、時代小説はほとんど作者の創作によって表現される。
 葉室麟の場合、直木賞を受賞した『蜩ノ記』などの羽根藩シリーズなどは時代小説だが、本作は歴史小説である。
 石田三成の娘辰姫と徳川家康の姪満天姫が津軽藩の藩主にともに仕えたというのは史実である。
 本人たちがどのように感じていたかわからないが、本の惹句にあるように「これぞ女人の関ヶ原!」と時の人たちは噂したのであろうか。
 こういう題材を見つけてくる。これは時代小説では味わえない、歴史小説の醍醐味ではなかろうか。

 残された系図や手紙の端々から文学的な興味をいかに生み出すか。
 歴史小説家は石の中から玉を発見するかもしれないし、読者が夢中になるかもしれない。例えば、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』などはその典型だろう。

 この本には表題作となった「津軽双花」だけでなく、大阪城開城をめぐる攻防を描いた「鳳凰記」、関ケ原の戦いの中でも三成の絶望を描いた「孤狼なり」、そして本能寺の戦いを光秀側の武将の視点で描いた「鷹、翔ける」が収められている。
 いずれも歴史小説である。

 歴史の中に真実はひとつである。
 しかし、そこに関わった人の数だけ真実があることを思えば、歴史小説はまだまだ面白い史実を読者にしめしてくれるだろう。
 慈父のような視点を持った葉室麟ならではの、歴史小説をこれからも読んでみたい。
  
(2016/08/20 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2930-cee93479