台風が来たり
 ゲリラ豪雨に見舞われたり
 夏野菜の収穫が終わって秋冬野菜の栽培を始めなければいけないのに
 なかなか天気がうまくいかない。
 しかも土には水が入り過ぎているから
 粘土状になっている。
 しかも来週にはまた大きな台風が来るかもなんていってるし
 天気がよさそうな8月26日(金曜)に
 畝づくりをすることに決めました。

 その前日、
 さいたま市園芸植物園に隣接した
 農業者トレーニングセンター
 「秋冬野菜栽培講習会」があったので
 出掛けてきました。

  CIMG1518_convert_20160828112014.jpg

 参加者は60人以上いましたね。
 男女比は6対4ぐらい。
 ほとんどがシニア以上。
 家庭菜園をしている人も多いのでしょうね。

 今回の講座は2時間でしたが
 長さを感じさせないくらい
 充実していました。
 土づくりや苗づくり、
 あるいは肥料やマルチ資材の話など。
 「は種」なんていう言葉が出てきて
 何だろうと思っていたのですが
 漢字で書くと「播種」。
 つまり、種を蒔く時期。
 例えば、秋冬野菜の代表格ともいえるダイコン
 9月10日が播種の時期。
 この時期に合わせて
 土づくりもしないといけないということになります。

 講座も聴いたし、
 天気も晴れたし
 まさに畝つくりはこの日しかないという金曜日、
 朝8時過ぎから作業を始めました。
 今回は一番畝と二番畝を作ります。
 すでに今まで野菜を作ってきましたから
 畝の形はあるのですが
 今回はあえてそれをすっかり壊すところから
 始めました。
 その写真がこれ。

  CIMG1519_convert_20160828112059.jpg

 そこに畝をつくる箇所にひもでしるしをつけ、
 肥料を蒔きます。

  CIMG1521_convert_20160828112227.jpg

 そして、再度耕します。
 今回もダイコンの栽培がありますから
 念入りに耕します。
 何しろ、
 ダイコン十耕というぐらいですから。

 このあとに黒マルチを張って
 できあがり。

  CIMG1524_convert_20160828112608.jpg

 この日は暑かったので
 何度も休憩しつつの作業になりました。
 途中で
 指導員さんが差し入れてくれた
 皮の表面が黄色のスイカを頂きました。

  CIMG1522_convert_20160828112409.jpg

 そうそう、
 以前書いたど根性スイカは
 一個は割れて腐ってしまいましたが
 もう一個は頂きました。
 まずまずのおいしさでしたね。

 次の種蒔き、苗植えは
 9月の上旬。
 その時に何を栽培するのか
 書きましょう。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2938-46c7b0c6