今日8月31日は
 語呂合わせですが
 野菜(831)の日なんですね。
 若い頃は
 野菜を意識したことはあまりなかったのですが
 菜園を始めてからは
 とっても意識するようになりました。
 趣味といってもいいですね。
 趣味を深めるのに
 手っ取り早いのは案外雑誌かもしれません。
 野菜づくりは昨年の春から始めたのですが
 NHKEテレの「やさいの時間」は
 それ以前からたまにテレビで見て
 いいなぁ、やってみたいなぁと
 思ったりしていました。
 その時も番組のテキストである
 「やさいの時間」を
 気の向いた時には買っていましたが
 昨年春から
 実際に野菜づくりを始めて
 それから毎月購読するようになりました。

 ところが
 最近はさらに趣味が高じてきて
 「やさいの時間」だけではあきたりなくなって
 本屋さんで家庭菜園の雑誌を
 立ち読みするぐらいは当たり前になっています。
 この時期、秋冬野菜の栽培が始まるので
 そのあたりの雑誌もそれが中心になっています。
 そして、見つけたのが
 「野菜だより」9月号(学研プラス・1010円)。
 何しろこの雑誌「家庭菜園誌」とうたっているぐらいですから
 もう野菜づくりの情報が満載なんです。

  

 この号では
 特集が「植えつけ&タネまきの極意」。
 「活着促進”植え穴復元植え”」とか
 「発芽率アップ”踏みつけまき”」なんて記事があって
 これは本屋さんの立ち読みだけでは
 覚えきれない。
 さらには
 別冊付録までついていて
 これが「秋冬野菜らくらく栽培ガイド」。
 この別冊は秋植えの定番12種類の栽培方法が
 載っています。
 なかでも私の関心をぐぐってひいたのが
 ダイコンの「おすすめ混植プラン」
 これはどういうことかというと
 ダイコンダイコンの間で
 コマツナホウレンソウの葉物野菜を
 育てるというもの。
 これだ! って思いましたね。

 この「野菜だより」の情報量に比べたら
 「やさいの時間」(NHK出版・669円)は
 かわいいもの。

  

 これってやはり値段に比例しているのでしょうか。
 紙質でいえば
 「やさいの時間」の方がいいので
 写真写りもいいのですが
 あまりにもまっとう過ぎて。
 NHKらしいといえばそうなのですが。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2939-9778c985