プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  榎本勝仁さんの『奇跡の文具術』という
  本を紹介します。
  文具は好きですね。
  考えてみれば
  人生60年以上生きてきて
  随分文具のお世話になったものです。
  様々な文具が
  私を通り過ぎていきましたね。
  何が一番お気に入りかと聞かれても
  あまりに多くて
  答えに困ってしまいます。
  憧れたのは
  ペーパーナイフ。
  きっとあまり使い道がないせいでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  文具は知恵の輪                   

 NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」は雑誌「暮しの手帖」の大橋鎭子さんと花森安治さんをモチーフとしていますから、タイトルロールでは編集者の机の上のペン先等の文具が美しく映し出されています。
 また花森安治さんがモデルと思われる唐沢寿明さんが演じる編集長が原稿を執筆するにあたって、万年筆を洗う場面が出てきたりして、脚本家や演出家の文具愛を感じたりします。
 文房具の効率的な使い方を図解したこの「裏ワザ辞典」でも、万年筆の書き味をキープするのに「ガラスのコップ」を使うといいと書かれていて、うれしくなります。

 そもそも男性は家電と文具が大好きな種族らしい。
 家電量販店や文具専門店にいるだけで気分が高揚する。
 この本を読むきっかけは、「ふせんノート」の活用を知るにあたって、その他さまざまな文具の活用を知りたいと思ったからだ。
 ちなみに「ふせん」についてはこの本の中で「今や文房具の定番といえるアイテム」とあって、「透明ふせん」の裏ワザが紹介されています。

 この本に登場する文具は、ステンレス製定規、インデックスシール、三角定規、修正液、拡大鏡とさまざまで、(一体何種類になるだろう)きっと日夜正規の使い方以外にどんな使い方ができるかと、寝ないで考えた結果がこの本に結実している。

 「とと姉ちゃん」では唐沢寿明さんの編集長が執筆に詰まった時「知恵の輪」で頭をほぐしているが、あれなども文具で代用できるのではないだろうか。
  
(2016/09/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2954-d4bcdcf3