今日はまず歳時記を出すところから。
 季節は秋なので
 季節毎の分冊になっていれば
 秋の部ということになりますね。

  

 まさに今は
 ダイコンの播種の候。
 「大根蒔く」がちゃんと秋の季語
 はいっています。

     大根蒔く短き影をそばに置き      加倉井 秋を

 しかもこの「大根蒔く」という季語が
 「生活」の部にはいっているのが
 いいですよね。
 昔は大根を蒔いたり稲を刈ったりするのが
 生活の一部だったのですね。
 だから、
 蒔く時期も経験でわかっていた。
 では、ここで問題。
 では、そもそも「大根」はいつの季語だと思います?
 これが冬の季語
 秋に種を蒔いて、
 冬が一番おいしい。

     大根の青首を見て老ゆる日ぞ      木村 紅雨

 ということで
 絶好の種まき日和となった9月10日(土曜日)
 菜園の二番畝に
 ダイコンの種を蒔きました。
 この畝では半分に黒マルチを張ってダイコン
 残り半分は葉物野菜を育てるというのが
 基本の形なんですが
 根っこが欲張りなんでしょうか
 全面に黒マルチを張って
 ダイコンを12本育てることにしました。
 蒔いたのは
 おふくろという品種と紅芯ダイコン
 さらに、その間にマルチ穴を8個開け
 赤ミズナシュンギクちぢみコマツナコカブ
 育てるという
 混植栽培
 それが下の写真。

  CIMG1537_convert_20160910140508.jpg

 一体どんな風に育つのでしょうか。
 昔話では
 欲張り爺さんにいい話などないのですが。

 最後に防虫ネットをかけて
 できあがり。

  CIMG1541_convert_20160910140621.jpg

 この日は3番畝と4番畝の
 秋冬野菜の植え付け準備で
 畝作りと黒マルチ張り。
 ナスとかオクラの伐採を
 どのタイミングにしようか悩ましいところです。

  CIMG1543_convert_20160911164320.jpg


 そうそう
 菜園の脇にできたど根性トマトですが
 小さな実をつけ始めました。
 それが不思議なことに
 ミニトマト風に実をつけだしたのですが
 どうも形はアイコではなさそう。

  CIMG1545_convert_20160911164412.jpg

 いったい君は誰?

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2955-6c133e3a