プレゼント 書評こぼれ話

  すごい、やりましたね。
  豪栄道
  大相撲秋場所の優勝
  昨日の土曜に早々に決めてくれました。
  にわか豪栄道ファンの私ですが
  まったく縁がないわけでもありません。
  結婚して最初に住んだのが
  豪栄道の出身地、
  大阪・寝屋川市
  ね、ちゃんと関連があったでしょ。
  寝屋川には2年少し住んでいました。
  まさかあの街から
  大相撲の優勝力士が誕生するなんて
  びっくりです。
  でも、よかった。
  今年は広島カープの優勝とか
  新海誠さんの映画の大ヒットとか
  にわかで過ごしています。
  ところで
  天気は豪栄道のようにスッキリと
  いきません。
  ほとんど雨ばかり。
  畑に行くのもままなりません。
  かわりに
  絵本から野菜たちの元気をもらうことにします。
  ひろかわさえこさんの『やさいむらのなかまたち 秋』。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  しいたけも仲間だーい                   

 「こころのちずをひろげると ふるさとちほうのかたすみに 「やさいむら」がのっています」、こんな詩的な書き出しで始まる絵本は、『やさいむらのなかまたち』という季節ごとのシリーズものです。
 秋の巻は、男爵さまとおだてられ都会へ出たものの、そこでは「イモ」となじられた「じゃがいもくん」の紹介から始まります。
 絵本、というよりも漫画っぽい、でありながら、それぞれの野菜を紹介する「ねほりはほり」というページは、その特徴をうまくまとめています。
 「じゃがいも」でいえば、ちゃんと「ナス科ナス属」の野菜とまず書かれています。
 そのあとに名前のいわれ、例えば「男爵いも」と呼ばれるのは川田男爵が持ち込んだ品種だとかそういう話。
 さらには、栄養とか保存のことも書かれています。
 ちょっとした豆知識として、給食の時間なんかに使えそうです。

 「やさいむら」の秋編には、どんな野菜が紹介されているでしょう。
 じゃがいも、ほうれんそう、さといも、せろり、さつまいも、とうがらし、しょうが、しいたけ、です。敬称は略しました。
 この中でひとつだけ本当は仲間はずれがいるのですが、わかりますか。
 答えは「しいたけ」。
 しいたけは植物ではなく菌類なんですね。
 でも、「やさいむら」のみんなは仲良しですから、仲間はずれになんかしません。
 そんなところがなんともほっこりする、いい村です。
  
(2016/09/25 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2967-ebcc7d1d