ホームセンターが近くにあるので
 しばしば園芸ショップをのぞいて
 季節の野菜や花を確認します。
 最近はイチゴの苗が並びだしました。
 私の菜園も
 大根、白菜、キャベツと
 秋から冬にかけての野菜栽培に変わってきましたが
 いよいよイチゴの栽培も始まります。
 それに合わせて
 NHKテキスト「やさいの時間」10月号(NHK出版・669円)も

   ジャムだけじゃない!
   イチゴ とれた分の何倍も楽しむ!

 の特集です。

  

 まずリード文を紹介しましょう。

    菜園家にとって、ひとつのあこがれでもあるイチゴ栽培。
    露地で育てるにはコツも必要ですが、
    実がなったときのうれしさは、格別です。

 お、なんだかわくわくしてきました。
 ただイチゴは収穫までとても時間がかかります。
 秋に植えて
 収穫するのは来年の春。
 がまん、がまんの栽培になります。

 私の家はもともと畑とか田もやっていて
 子どもの頃、50年以上前ですね、
 イチゴ栽培もしていました。
 畑一面にイチゴが実っていたことは覚えていないのに
 何故か暗い家の中で
 父がイチゴをいれる木箱を作っていた記憶の欠片があるのですが
 あれは本当にあった暮しなのか、いまではおぼろげです。

 菜園で実際に苗を植えた時は
 またブログで紹介しましょう。

 今月号の「やさいの時間」は
 そのほかにも
 ソラマメの栽培も紹介されています。
 私の菜園でも
 当初ソラマメを栽培する予定だったのですが
 アブラムシの被害が大きいとのことで
 栽培は断念。
 かわりに去年うまく育たなかった
 スナップエンドウに再挑戦です。

 天高く、
 そんな空の下で野菜づくりを楽しみたいものです。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/2975-e8b09f77