プレゼント 書評こぼれ話

  今日はクリスマス

    あれを買ひこれを買ひクリスマスケーキ買ふ     三村 純也

  クリスマスは
  いい映画やいい物語やいい絵本がたくさんあって
  今日も
  こうして素敵な一冊を紹介できることに
  感謝しています。
  今日紹介するのは
  増田久雄さんの『サンタクロースに会いました』。
  増田久雄さんがアメリカの88歳の夫人から教えてもらった話を
  物語風にした本です。
  書評にも書きましたが
  奇跡が起こるので
  きちんと読んで下さい。
  この本は上野紀子さんの絵が
  見開きの半分にはいっています。
  この絵も素敵です。

  じゃあ、読もう。 

  

sai.wingpen  クリスマスの奇跡                   

 「サンタクロースがいるのか、いないのかー。」
 とっても素朴な、しかしどう答えていいか困ってしまう質問です。
 うれしいことに、そしてちょっぴり寂しくはありましたが、私の娘たちからはこの質問をうけたことがありませんでした。
 娘たちもなんとなく気になっているのだけれど、言葉にしてしまうのが怖かったのかもしれません。

 この本を読み終わってしまえば、この質問にはこの本の話をすればいいと思います。
 それほどびっくりするような、クリスマスの奇跡が描かれています。
 それは最後のとっておきとして、サンタクロースがいるのかいないのか悩んでしまった少女メリーは大好きなおばあちゃんのところに行って、聞いてしまうのです。
 この時のおばあちゃんの答えが素敵です。
 「毎年、サンタクロースのお手伝いをしているの」
 「サンタクロースは、自分の姿を、けっして見せないものなのよ」

 さすがおばあちゃん、うまいことを言う。
 世界にはたくさんのサンタクロースのお手伝いがいるのです。
 私もかつてはそうでした、いえいえ、まだまだお手伝いをしています。
 どうしてかって?
 だって、こんな素敵な本をみんなに教えてあげられるのですから。

 実はこの本の奇跡のことはここでは触れていません。
 ですから、この本を読むときは、奇跡を信じてきちんと読んで下さい。
 きっと、驚きます。
  
(2016/12/25 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3059-27dbe695